年末年始のスポーツイベント総ざらえ

名馬、高校生、長距離ランナー年末年始は好勝負に燃えろ!

2005.12.22 THU

年末年始、なーんにも予定ないもんね、とスネ気味の人! イベントも彼女も帰省の予定もなくても、僕らにはまだスポーツがある! 年末年始はビッグマッチが満載なのだ。

まずは無敗の3冠馬・ディープインパクトの出走で盛り上がっている有馬記念(12月25日)から。3冠を決めた菊花賞では京都競馬場になんと約13万人の観客が集まったこともあり、今年の有馬記念は異例の入場規制がとられる予定。なんだか伝説が生まれる予感がプンプンしている。

続いてサッカー。まずは天皇杯の準々決勝が24日、準決勝が29日、決勝が1月1日にスタンバイ。順当に勝ち上がったJ1勢の好勝負に期待だ。特にこの号が出るころには決着がついている五回戦・G大阪VS柏の勝者には注目。G大阪ならばーグ戦との2冠、柏ならばJ2降格の汚名返上に燃えるプレーが見られそうだ。サッカー界、もうひとつのビッグイベントは全国高校サッカー選手権。1回戦屈指の好カードは高円宮杯(全日本ユース)ベスト4の滝川第二(兵庫)とサッカー王国・静岡県代表の常葉学園橘。来年3月定年の国見(長崎)・小嶺忠敏総監督「最後の」戦いも話題だ。熱戦は首都圏のスタジアムを舞台に30日から1月9日まで行われる。

高校スポーツといえば、ほかにもバスケットボールのウインターカップが24日から30日、ラグビーの全国高校ラグビー大会が27日から1月7日にかけて開催予定。

そして正月の風物詩・駅伝も忘れてはならない。年末年始の駅伝は24日の中学駅伝からスタート。元旦には上州路を舞台にしたニューイヤー駅伝こと全日本実業団対抗駅伝競走大会が行われる。そして大トリは1月2日、3日の箱根駅伝。見どころは駒大の5連覇挑戦と阻もうとする他大学の対決。急成長している東海大が有力対抗馬だ。

ほかにもアメフトの日本選手権「ライスボウル」(3日)や大晦日恒例の格闘技イベントなど豪華な勝負が花盛り! 予定がなくても安心です!?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト