今年も熱い甲子園がやってくる

夏の甲子園3連覇をめざす駒大苫小牧・田中将大

2006.08.03 THU

今年も間もなく夏の甲子園が始まるが、注目はなんといっても南北海道代表・駒大苫小牧の田中将大。年明け早々からプロ数球団が高校生ドラフトでの1位指名を公言するなど「平成の怪物」の称号を松坂大輔から引き継ぐ逸材である。MAX150km/hのストレートに「狙っても打てない」という高速スライダー。さらに落差十分のフォークにタテのカーブ。スピードだけでなく、安定したコントロールに多彩な変化球。さらに絶妙なフィールディング、気持ちの強さ…と、とにかくつけ入るスキが見当たらない。

さらに小学校時代の田中は捕手。中1で投手を始めてからも投げない時はマスクをかぶっていた。その経験により、打者の狙いや相手の策を読む目も身につけている。

甲子園には2年春に初登場し、夏には10番ながら実質的なエースとしてチームを夏連覇に導く。決勝で投げたラストボールは甲子園史上初、2年生で150km/hを記録。その後の国体も制覇する一方で、新チームとなった秋季北海道大会、明治神宮大会も優勝。今春のセンバツでは夏春連覇を期待されたが、なんと引退した3年生部員の不祥事によって辞退。しかし、この試練を乗り越えた今夏は南北海道予選全7試合に先発し49イニングで2失点。まったく危なげなく3度目の甲子園へ戻ってきた。

ちなみに田中は兵庫県出身。当初は近畿のある私学へ進む予定だったが、そのチームの監督が異動することになり進路を再考。かねてから駒大苫小牧・香田監督の指導力に注目していた中学時代の監督の勧めで、駒大苫小牧の練習を見学することに。そこでナインの温かい出迎えと高い意識で取り組む練習に触れ、北海道行きを即決したというエピソードがある。

さて、ここまで公式戦通算28勝1敗、防御率1・28、231回1/3を投げて奪三振340。圧倒的な数字を残してきた田中が目指すは1931~33年中京商(愛知)以来73年ぶり2校目の夏3連覇。怪物の夢は果たして叶うか。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト