プロ野球・高校生ドラフト迫る!

早実・斎藤は進学表明ドラフト会議の行方は?

2006.09.21 THU

プロ野球の高校生ドラフトが9月25日に行われる。今年の目玉は甲子園で激闘を演じた早実・斎藤佑樹と駒大苫小牧・田中将大。特に人気の爆発で注目を集めた斎藤の進路については、ワイドショーまでもが取り上げるなど、一種の社会現象となった。

しかし、斎藤は早大進学を表明。もともと本人の進学志向が強かったことに加え、早実は早大の系属校。同大がアマチュア球界の重鎮的存在でスポーツ強化に熱心という事情を考えれば、進学は妥当な決断だろう。また、田中がすでに昨年から注目を集めていたのに比べ、斎藤は今夏、一気に評価を上げた投手。「ここでプロに行っても通用しない」という本人のコメントは、偽らざる本音ではないだろうか。

ちなみに今回の一件を聞いて「でも、どこかの球団が強行指名とかしないの?」と思った人はいないだろうか。確かに過去、進学や就職を表明した選手が指名を受け、進路を変更した例はある。なかには球団側が相思相愛の選手を確実に獲得するために、選手にわざとプロ拒否を表明させることで他球団に手を引かせ、ドラフトで単独指名する。そんな「密約」が噂されたケースもあった。

しかし、現在は基本的にこういった「密約」は不可能である。というのも、高校生の場合、プロ側はドラフト前に「プロ志望届」を提出した選手しか指名できないからだ。プロ拒否なのに「プロ志望届」を出すのは、おかしな話。斎藤も「プロ志望届」を期限まで提出しなければ、その時点でドラフト指名の確率は0%である。

さて、斎藤のプロ入りは消えたが、それでも今年の高校生は実力派が多い。田中将大は100%プロ志望。12球団OKということもあり、複数球団の指名は必至だ。また、埼玉の快腕・増渕竜義(鷲宮)は西武とヤクルトが、スラッガー・堂上直倫(愛知工大名電)は阪神と中日が狙う。いずれも指名競合の可能性は高い。スター候補たちの行く末やいかに。  

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト