年齢を重ねても衰えが少ないベテランたち

プロ野球の選手寿命が長くなっているのはなぜ?

2007.08.30 THU


近年、金本知憲(阪神)ら、若いころと変わらぬパワフルなプレースタイルでチームの主力を担う40歳前後のベテラン選手が目につくようになった。その主な背景に、治療技術や体調をサポートする環境の充実、そしてトレーニング方法の進化と多様化がある。

80年代にウェートトレーニングが球界に浸透。以降、体の内側に存在する筋肉「インナーマッスル」や、股関節、肩甲骨の運動性を高めるトレーニングなど、パワー伝達の安定化、効率化をはかれる体を作り上げるためのトレーニング法も普及。プレーの向上と故障の予防の両面で恩恵にあずかれる選手は確実に増えた。ほかにも、メンタルトレーニングや、体力よりも先に衰えやすいといわれる動体視力を鍛えるトレーニングを積極的に取りいれることも珍しいことではなくなった。

長年、根性論がはびこっていた日本球界のトレーニング方式に革命を起こした立花龍司氏(現千葉ロッテマリーンズ・ヘッドコンディショニングコーチ)は次のように語る。「筋肉の曲がり角は20代後半。トレーニングをきちんとしていない選手たちはこの時期を境に筋力がどんどん落ちていく。一昔前までは筋力の低下と反比例するように身につく経験や技術を頼りに、技巧派選手への転向に活路を見いだすしかなかった。しかし工藤投手のように若いころから高い意識でトレーニングを続けてきた選手は、年齢を重ねても、若いころの筋力を保ったまま、経験に応じてテクニックも上がっていく。だからこそプレースタイルを変えずして活躍できる現在の姿があるんです」

若い時期に合理的なトレーニングに出会うことができた世代のメリットも生かし、先を見据え、鍛錬を重ねてきたベテランたち。現在の活躍ぶりは、もはや必然といえよう。R25世代のみなさんも、鉄人おやじたちを見習い、メタボリックとは無縁の若々しい肉体に人生の年輪が乗っかった「未来の素敵なベテラン」を目指していこうではないか!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト