9/30(火)からブラジルで開催!

日本は初のベスト8を目指す!「FIFAフットサルW杯」開幕

2008.09.25 THU



写真提供/北村大樹/アフロスポーツ
いよいよ4年に一度のワールドカップが開幕! といっても、これは現在、岡田ジャパンが最終予選を戦っているサッカーの話ではない。

フットサルのワールドカップが9月30日から10月19日まで、ブラジルのブラジリアとリオ・デジャネイロの2都市で開催されるのだ。大会は今回で6回目を迎え、第1回大会から第3回大会はブラジル、第4、5回大会はスペインが優勝している。

89年にオランダで開催された第1回大会には日本を含む16カ国が参加しているが、このときは各大陸別予選は実施されなかった。ちなみに、日本はサッカーの本田技研の選手を中心に出場。現役時代は東京Vやサッカー日本代表で活躍し、現在は解説者などとして活躍している北澤豪氏や武田修宏氏が出場している。第2回大会以降は各地域予選が行われるようになったが、本大会出場国は16カ国のままだった。予選参加国が98カ国となった今大会から、20カ国に枠が広げられた。

前回大会に続き出場権を獲得した日本代表はAグループに入り、開幕戦で開催国のブラジルと対戦することになった。さらにソロモン諸島、キューバ、ロシアと、各グループ上位2チームのみに与えられる第2次ラウンド進出の権利を争う。これまで出場した2度の大会は未勝利に終わっており、今大会で初勝利が期待される日本代表。オーストラリアのアジアサッカー連盟加盟にともない出場権を獲得したソロモン諸島、さらに4大会連続出場中のキューバにも勝利したいところ。そして最終戦となるロシア戦に勝利し、目標のベスト8進出を果たしたい。

日本の注目選手は、スペインのプロフットサル1部リーグでプレーする木暮賢一郎だ。抜群の技術を持ち、ボールを持っていないときの動きに磨きをかけ、世界トップリーグでプレーを続けている。ヒールリフトでGKを抜き去りシュートをゴールに叩き込むような、サッカーではお目にかかれないスーパープレーも飛び出す、フットサルの世界一を決める大会に注目だ!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト