選手の補強から戦術の決定まで

リアルなクラブ育成ゲーム!?話題沸騰の「MYFC」とは

2008.12.04 THU



写真提供/MYFC
まさにリアル・サカつく。ネット投票によるユーザーたちの「集合知」でプロクラブの運営を目指す、サッカークラブ育成オンライン会員制コミュニティ「MYFC(マイエフシー)」をご存じだろうか? 10月10日に開設。ネット系のサッカーメディアや一部のブロガーの間で、早くも話題になっている。会員はオーナーと呼ばれ、1人1票の投票権を持ち、選手の獲得から試合・練習のスケジューリングまで、クラブ経営に関するあらゆる決断をくだす。そして最終的にはJ1昇格を目指すという壮大な試みだ。

現在オーナー会員を募集中で、2009年3月までは登録無料。以降は有料化し、実際のクラブ運営は09年シーズンからスタートする予定。元Jリーガーも所属する静岡県1部リーグ所属の強豪クラブが運営候補として挙がっており、第2、第3の運営候補クラブをサイトで募集中だ。

実はこの試み、07年4月に開始され3カ月で5万人の無料会員を集めた「My football Club」というイギリスの先行事例がモデル。こちらは現在有料化し、プレミアシップから数えて5部に該当するEbbsfleet UnitedFCを買収、運営を開始している。

「日本の場合は出資法上、買収となると複雑。また、会員のみなさんとともに真摯にクラブを強くしていきたい、という想いから、MYFCでは育成に主眼をおいています」(MYFC運営事務局)

早速サイトをのぞいてみると、チーム名やエンブレムの変更など、クラブを作るにあたっての大事な議論と投票がすでに進行中。さらに交渉可能選手リストがあったりと、まさにサカつくの世界そのもの。

「交渉可能選手は、MYFCが主催する選考試合に参加します。その模様は後日、動画で配信しますので、選手補強の資料にしてください。元日本代表のあの選手のエントリーも予定していますよ」(同)

う~ん、誰だか気になるぞ。これは、サッカーファンなら一度は参加してみる価値アリかもしれません。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト