女子と出かけよう!

第4回 失敗しない合コンの“組み方”とは?

2009.02.27 FRI

女子と出かけよう!

お昼に行けそうなところに簡潔な文章で誘われたら、こちらが行けずに断っても、あんまり重荷に感じないですし、アリかも。仮に何回か断ってても、同じよう なあっけらかんとした文章で毎回送ってこられたら、あんまり重くとらえなくていいのかなと何回目かにはデートにつながるかもしれないですね。投稿者:はるさん(女性/26歳)

僕自身、「よかったら、ご飯行こう」と「ご飯行こう」では相手の返信内容がまるで違っていたことがありました。後者の方が良い印象で帰ってきます。強引と控えめの境って難しいですよね。投稿者:LINKさん(男性/34歳)

逆バージョン(女子から男子を誘う)の特集もやってほしいです!投稿者:さといもさん(女性/19歳)

などなど、やはり、みなさんメールについては関心が高かったようです(逆バージョンの件も、前向きに検討させていただきますね)。

とはいえ、いくら有効性の高いメールのテクニックを覚えたところで、送る相手がいなけりゃ話になりません。送る相手がいない人は、見つけるしかないワケで。じゃあ、どこで? ってことになるワケですが、そんなとき、出会いを求める人の強い味方となってくれる場が、一度に複数の女子と出会える「合コン」。

そこで今回から2回にわたって、合コンをうまく開催するためのテクニックについて、いろいろと検証してみたいと思います。
「『みんな面白いよ』と言われたら、行きたくなるかも。逆に、最初から『家』とか、あんまり馴れ馴れしく来られると行きたくなくなります」(ミホちゃん・20歳・大学2年生)

女子に「行きたい」と思わせる合コンの誘い方って?



出会いを求める男子にとって、一度に複数の女子と出会える「合コン」は、是が非でも有効活用したい出会いの場。

しかし、意外に、「どんなふうに誘えばよいかわからない」「セッティングがうまくできない」などという声もよく耳にします。セッティングなくして合コンは始まらないだけに、上手な誘い方があるならゼヒ知りたいところですよね。

そこで、まずは女子の本音を聞くべく、小雨降る表参道に出撃し、道行く女子に「どんなふうに誘われたら、その合コンに行きたくなるか?」アンケートを実施。その結果、行きたくなる合コンの条件でいちばん多かった声は。

「『おごるから』って言われたら」(22歳・大学生)、「ゴチコン(ごちそうコンパ)」(21歳・大学生)など、おごり前提の合コンを過半数が支持。そりゃ、そうだろうけどさ~。

また、おごりとほぼ同程度の支持を集めたのは、「『イケメン来るよ』とか、『すごい人来るよ』とかの場合」(20歳・OL)、「男メンバーみんな面白いよ」(20歳・大学生)など、「メンツが期待できそうな合コン」(22歳・アパレル)。

ともに反対意見もあるにはあったものの、上記2つの条件が「女子が行きたくなる合コンの2大要素」なのは間違いなさそう。
「『全部おごるよ』は、何か魂胆がありそうで、私は逆に引いちゃいますね。だったら、『多めに出すよ』のほうが、まだいいです」(アヤちゃん・22歳・大学4年生)
それ以外では、「誰々の家で、みんなで鍋パしようよ(ただし、相手の素性をわかっている場合に限る)」(同様意見複数)や、「ホテルのスイーツ貸し切ったから、みんなで飲もう」など、「誘い方や、ロケーションに興味が持てれば」という意見もちらほら。

逆に、行きたくなくなる合コンでは、「スタート時間が22時とか遅い」(23歳・外資)、「かわいいコ揃えてとか、いろいろ条件をつけてくる」(22歳・看護士)などが、複数意見として挙がった。

なんだか、みんな言いたい放題な気もしますが(汗)、これらを踏まえた上で、実際に女子を合コンに誘うときはどのような点に気をつけるべきなのでしょうか? これまでに400戦以上の合コンをこなし、合コンの情報商材やメルマガも手がけている桜井涼氏にお話を聞いた。

「合 コンを手堅く組むには、女子の幹事に『この合コン、おいしいかも?』と幻想を抱かせることが大切です。例えば、『こっちのメンツだけど、若い、面白い、金 持ってる、ビジュアル、優先順位はどれがいい?』って聞くだけで、おごりなんか約束せずとも、相手が勝手に『あ、この人は人脈が広いんだ』って錯覚してく れて、セッティング率が高まります。ほかにも、イケメンどうこうとか一切触れずに、『かなりバラエティに富んだメンツだから、面白いと思うよー』とかもア リ。まずはセッティングありきですから、実際の男の人選を考えるのはその後でいいんです」

な、なるほど。でも、そういうやり方だと、実際に来る男子のメンツを見て引かれるという恐れもあるのでは?

「も し何か言われたら、『ごめん! 今日、呼ぼうと思ってた人、仕事で来れなくなっちゃったんだよね。今度、個人的に埋め合わせするから』とでも言っておけ ば、まず大丈夫。そこで怒るような女子なら、どうせうまくいきません。ただし、もし、『かわいいコ呼んでね』と、向こうにかわいいコをリクエストしていた 場合、こっちも最低ひとりは、メンバー誰もが認めるイケメンを呼ぶのが礼儀です」

また、女子との交渉においては、「時間は、あちらの意見 も聞きつつですが、場所とお店は可能な限り、『(場所は)○○でよければ、こっちで店取っておくよ』と男主導で決めるべき。その上で、『必ず個室を予約し て、男が先に店に入って女子を待つ』。まずは、ここまでを確実に目指すのがセッティングの基本です」と桜井氏。

気を使ってるようで、基本は常にこちらのペースでというのがキモなんですね。さっそく実際の合コン目指して、桜井氏のアドバイスを元にセッティングに臨んでみたいと思います!
(高波伸)少しでもカップル誕生率を高めるためには、「男女交互で座るのが大前提。男女対面の席もつくらないように」と桜井氏。そして女子が到着したら、「『空いてるとこ、座って座って~』と、それがさも当たり前のように誘導してください」とのこと

セッティングした合コンを成功させる“事前の努力”とは?



一度に複数の女子と出会える千載一遇の出会いのチャンス、合コン。しかし、セッティングができなければ、合コンは開催できません。

そこで、これまでに400戦以上の合コンをこなし、合コンの情報商材やメルマガも手がけている桜井涼氏のアドバイスを元に、合コンのセッティングにチャレンジ。

「『この合コンおいしいかも?』と相手に幻想を抱かせつつ、店やその他は男主導で攻めるべし」という桜井氏の教えを意識しながら、以前、クラブで知り合ってまだ遊びに行ったことのないミカちゃん(仮名・23歳)に電話してみることに。

「もしもし。ひさしぶり~、どうしたの?」と、彼女。

「ひさしぶり~。今度さー、俺の友達と合コンしようよ。来週末あたり」

「合コンか~。しかも来週末って急だな(笑)。どんな人たちが来んの?」

「じゃあ、逆に聞くけど、『若い、面白い、金持ってる、ビジュアル、優先順位はどれがいい?』。なるべく希望に合わせるよ」

「う~ん、その中だったら私は面白い人がいいな~。友達はなんて言うかわかんないけど。ちなみに、やるとしたら人数と場所は?」

「場所は、特に希望がなければ新宿がありがたいかな。俺も含めてみんな出やすいし、知ってる店も多いから。人数は3対3か、4対4ぐらいで」

「わかったー。友達に聞いてみるねー」

と、そんなやり取りを交わした翌日の夜、あっさり合コンオッケーの返事が! 確かに桜井氏の言うとおり、ほとんど、こっち主導でセッティングクリア。

しかし、「ここで浮かれて手を抜いてはいけません。大事なのはここからです」と桜井氏。どういうことでしょうか?

「まず、お店は必ず個室を取ってください。そして、店には先乗りして、男女交互になるように、1個づつ空けた状態で席に座って女子を待つこと(※イラスト参照)。あと、幹事は合コン開始30分前には男全員に集合をかけ、事前に、もろもろの確認をしておくべきです」

確認とは?

「ひとつは男同士、足を引っ張り合うことのないようにするため、触れてほしくないことの確認です。酔っ払うと稀にメンバーの女性遍歴とか、彼女の有無とか余計なことを話す人が出てくるんで(苦笑)。あと、会話で盛り上げる自信がないなら、ゲームをすると一体感が生まれて盛り上がりやすいので、その場合に備えて、ゲームの確認もしておいたほうがいいですね。例えば、コインゲームというゲームは、『この中に、今度デートしてみたいと思う人がいる』などのお題に対し、コインの裏表どちらかでYES or NOの意思表示をするゲームなんですが、このとき、男子が全員NOを出すことにしておけば、必然的に女子のYESの数がわかります。つまり、そういったことすべての確認です」

う~む、そこまですべきなんですね~。なんだか大変そうな気もしてきました。

「いやいや、そこまでやって初めてスタートラインなんですよ。何も考えないでやる合コンは、ほとんどその場限りで終わります。考えてみてください。合コンにやってくる女子のほとんどは『いい男いればいいな』ぐらいで、おそらく、ほぼノープランです。それに対し、こちらは男子全員の意思の統一の元に、すべてを戦略的に進めていくワケですから、どちらが主導権を握れるかは言うまでもありません」

う~む、さすがは400戦以上を戦ってきた達人のお言葉! 最後に桜井氏に、カップルの誕生率を上げるのに最も大切なことは? と聞いてみると、「ひとつだけ挙げるなら、男子メンバーを集める際、『女子の好みが絶対に被らないメンバーを呼ぶ』こと。ここを徹底できれば、カップル誕生率は絶対に上がります」とのアドバイスが。

なるほど、あんまり意識したことない視点でした。では、今回のアドバイスを踏まえつつ、来週末に控えた合コンを戦ってきます! 「合コンしても、『いつも合コンしただけで終わってしまう』という人は、ひとことで言えば、真剣さが足りないんですよ」

今回、取材後に桜井氏が語ったその言葉が、個人的にとても印象に残りました。

合コンにおけるセッティングはどちらかというと初歩中の初歩の話と思いがちですが、
氏によれば、「合コンの成否は8割がセッティングで決まる」とのこと。

だからこそ、セッティングには万全を期す必要があるのだそうです。
その成果は、次回にてレポートしたいと思います!

みなさんも今後、合コンするときは参考にしてみてくださいね。

そんなワケで、『女子と出かけよう!』では、
今後もみなさまからのご意見、ご感想、取り上げてほしいテーマなどを募集していきます。

みなさま、お気軽に投稿してくださいねー。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト