目指せ、2016年TOKYO!? 

第9回 オリンピックのチケットはなぜ高い?

2009.04.16 THU

目指せ、2016年TOKYO!? 


北京五輪で使用された実際のチケット。北京では開会式のチケットが正規価格の何百倍もの法外な値段で取引されていたという話もありますが、東京五輪では、あくまでもダフ行為は禁止です!!

五輪のチケットの料金ってどうやって決めているの?



世界中の人々が憧れる「五輪観戦」。

ほとんどの場合、遠い外国で開催されるため、テレビ観戦を余議なくされますが、2016年に実現するかもしれない東京五輪では話は別! 電車で数時間のところで、五輪の試合が開催されるとあらば、何がなんでも生で観戦したいですよね!

でも、そこで問題になるのがチケットの入手。大会ごとに、壮絶なチケット争奪戦が報道されていますよね。ちなみに、2004年のアテネ五輪の開会式では、最も良いランクのA席が、なんと正規価格13万円! 先の北京大会では、正規価格9万2500円のチケットが330万円で取引されるという、驚きの報道もありました。

この調子だと、東京五輪でもチケットの高騰は否めませんよね。でも実際のところ、五輪チケットの価格って、いったいどうやって決まるのでしょう? 元NHKオリンピック放送担当者で、現在東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の藤原庸介さんに伺いました。

「五輪のチケットの価格は、オリンピック組織委員会という、五輪を運営する団体によって決められます。五輪のチケット収入というのは、五輪を運営するための予算のおよそ四分の一を占める大切な要素です。ですから、まず五輪全体の運営予算の見積もりを立てて、そこから開・閉会式と全競技のチケット収入を算出します。その後、各競技の細かい価格を決めていくんです」

なるほど~。五輪運営にお金がかかればかかるほど、それをまかなうためのチケット代も高くなるという仕組みなんですね。では東京五輪ではいったいどれくらいのチケット収入を見込んでいるものなのでしょう?

「2016年に東京五輪が実現した場合、チケット収入の総収入の見積もりはおよそ700億円です。ちょっと高いように思われるかもしれませんが、五輪の運営には組織委員会の職員の給料や、選手村やプレスセンターの設備、選手用の食堂の運営など、とにかく莫大なお金がかかります。他の大会と比べても、妥当な額といえると思います」

700億。確かに高いように思えますが、五輪を開催するということは、それだけお金がかかるということなんですね。でも、私たちが払ったチケット代が、そのまま東京五輪を運営していくための資金になるとわかれば、ちょっと高めのチケットでも買えてしまいそうな気もしませんか?

東京五輪は、お国の人たちだけでなく、私たちみんなで作っていくもの。少しでも素敵な大会運営ができるよう、ぜひ会場に足を運びたいです!
意外とチケットが安く手に入るという「フェンシング」。でも北京での太田雄貴選手の大活躍があったので、東京五輪ではチケット価格が上がってしまうかも…!? 開催国によって人気のあるスポーツが違うので、そのあたりも考慮して穴場競技を探すべし!

格安でチケットを買えるオリンピックの穴場競技ってあるの?



にわかに現実味を帯びてきた、2016年の東京五輪開催。一生に一度かもしれない、自国での五輪開催だから、絶対に会場に足を運びたいですよね?

でも、五輪競技のチケットは言わずと知れたプラチナチケット。一般庶民でも気軽に入手できるものなんて、あるのでしょうか? 今まさに、実現する可能性がある東京五輪のチケット価格について詳しい、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の藤原庸介さんに、こっそり内状を教えてもらっちゃいました!

「五輪の正規チケットは、競技によってずいぶん金額が違います。競技で一般的に人気があるのは、バスケット決勝戦や、体操決勝、競泳決勝などです。競技場が狭く、座席数が限られている競技は高額化の傾向にありますね。でも、かなりお安く観られる競技も、実はあります。フェンシング予選や、アーチェリー予選などは2000円でチケットを買える可能性もありますので、穴場ですよ! さらに東京五輪では、たくさんの子供たちに五輪を見てほしいという気持ちから、安い競技では1000円前後の子供料金の設定も考えています」

え!? 数千円で生の五輪競技を観られるなんて、お得じゃないですか!? この際、人気競技はハズして、穴場競技を毎日観戦しに行くって手もアリですね!

とはいえ、穴場競技といえども、チケットの入手はきっと困難を極めることでしょう。発売2秒で完売とか、そんな切ないことになったら、せっかくの東京五輪なのに寂しいなあ。何かいい手はないんでしょうか?

「五輪のチケット争奪戦は、販売する側にとっても頭を悩ませている問題です。日本全国、子供からお年寄りまで、多くの人に競技場へ足を運んでもらいたいので、ネットでの一斉販売という方法は、避けたいところです。チケットの一極集中を避けるために、各都道府県の地方枠を決めたり、抽選を行ったりと、様々な方法を使って、まんべんなくチケットが流通するよう、工夫していきたいと思っています」

確かに、ネット販売だけだと、ごっそり買い占める人なんかが出てきそうで、怖いですよね。そういう意味では、田舎に住んでいるおばあちゃんでも、たばこ屋さんで簡単にチケットが買えたりするといいですね~。

もし東京五輪開催が決定すれば、チケットの発売は開催の5カ月前ぐらいから開始されるそうです。今からどの競技を買おうか、迷ってしまいますね。

個人的にはやっぱり開会式を見てみたいです! ちなみに、東京五輪が開催された場合、その開会式の正規チケットのお値段は、安くて2万5000円、高くなる場合は15万円(もちろんダフ価格ではなく、正規価格ですヨ!)ほどになる可能性もあるのだそう。う~ん、やっぱりお高めですね。

こうなったら、やっぱり選手としてタダで開会式に参加するしかなさそうです! 引き続き、五輪選手になる方法も探っていきますので、みなさん応援よろしくお願いします! もっぱらテレビ観戦をしていたこれまでのオリンピック。
会場に足を運ぶ機会などあり得ないと思っていたので、
チケット料金なんて気にしたこともありませんでした。

でも、東京大会となると話は別!
チケット料金は何よりも重大な問題なんです。

これまで漠然と「法外に高い!」と思い込んでいた五輪のチケットですが、
今回の取材を通して、意外と安いものもあるのだと知りました。

それに、チケットの収益が、そのまま五輪の運営資金になっていると
わかって、「じゃあ、高くてもしょーがないか!」
という気持ちにもなってきました。

一生に一度の記念ですもの、ちょっと奮発してでも、
絶対、大切な人と一緒に観に行きたい!
そして自分の子供や孫ができたときに、こんなふうに話してあげたいんです。
東京オリンピックは、人生で一番の、楽しいお祭りだったんだよ、と。

なんだか夢ばっかりがふくらんできましたね。
でも、まだまだ選手になる夢もあきらめたわけではないですよ!
みなさんからの励ましのお手紙も、お待ちしております!
質問、投稿もどしどしお願いいたします!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト