女子と出かけよう!

第10回 確実に次につなげる初デート“会話術”!

2009.05.29 FRI

女子と出かけよう!

店員さんをデートに誘うには? という実にハードルの高いテーマに挑戦した前回でしたが、毎回ハードルを上げていくのも正直しんどいので(苦笑)、今回はあえて基本に立ち返って、「初デート」がテーマです。

ついに実現する意中の女子との初デート。食事に行くことは決まっているものの、どんなお店に行けばよいかで頭を悩ませた経験は誰にでもあるのではないでしょうか? また、お店は決めたものの、初デートとなると会話も重要。もし、お店選びやトークで減点されてしまったら、ここまでの努力が水の泡になりかねません。

そんなことにならないためにも、初デートにおける無難なお店選びや、好感度を上げるための会話術を検証したいと思います!


Q.初デートで行きたくないお店は? また、会話では相手のどんなところを意識しますか?(写真左から)「嫌なのはファミレス。会話で意識するのは、話が止まったときの対応かな。話のテンポが合わない人は冷めます」(まな・20歳)、「居酒屋とか騒がしいところは嫌です。会話では、聞き上手な人かどうかを意識しますね。相づちのタイミングも重要!」(まりえ・20歳)

失敗しないお店選びと、会話での心がけとは?



意中のあのコと、念願の初デート。しかし、せっかく初デートまでこぎ着けたのに、お店選びや、トークで減点されてしまったら、せつな過ぎ! 

そこで、女子はどんなお店に誘ってもらい、どういった会話をしてほしいと思っているのか? を探るべく、晴れた日の表参道で、道行く女子の声を聞いてみることに。

「初デートで行きたいお店」としては、「雰囲気のいいお店」「ちょっとオシャレなお店」という声が多数を占め、「会話について」では、「初デートでの相手との会話で引いてしまう会話の具体例として、ほとんどの女子が「自慢話が多い」「自分の話ばかりで、こちらの話を聞こうとする気遣いがない」「沈黙が多く、会話が続かない」のどれかを挙げていました(※その他の意見は、写真下のキャプションを参照)。

これらの声を踏まえたうえで、日刊スポーツ「エヌスク」にて『♂と♀の恋愛ラボ』を連載する、恋愛コラムニストの相沢あいさんに、さらなるアドバイスを頂くことに。先生、初デートで失敗しないためには、どういった点に気をつけるべきでしょうか? 

「まず、お店選びに関しては、『半個室』のお店に行くのがいいと思います。会話にも集中しやすいし、そもそも半個室があるようなところは、雰囲気のいいお店が多いですから。その上で、夜ご飯という設定でいえば、客単価4000~5000円ぐらいのダイニングが無難でしょう。夜景が見える、有名シェフがいる、などの付加価値があれば、なお良しじゃないですかね」

ちなみに、完全にふたりの空間になれる完全個室はどうかというと、「初めてデートする人とだと、女子はちょっと抵抗があると思う。まったく逃げ場がない雰囲気に、お互い圧迫感を覚えて、自滅しちゃう可能性も」とのこと。言われてみれば納得です。

「会話に関しては、相手が楽しそうに聞いているかをチェックしながら、話を進める意識を持つことが大切です。相手が楽しくなさそうなら、さっと話題を切り替えること。特に、初デートでは、相手が興味のない事柄や、興味のない(知らない)人物の話は、女子がつまらないと感じる可能性がかなり高いので、要注意です。あと、エロトークは、嫌うコはホントに嫌うので、控えめにした方がいいですね。SかMか? と聞いたとき、リアクションがよくなければ、エロは封印した方がいいと思います」
Q.初デートで行きたくないお店は? また、会話では相手のどんなところを意識しますか?(写真左から)「ファーストフードとか、立ち食いは絶対ナシ! 会話では、趣味が合うかどうかを見ますね。自慢話ばっかする人は冷める!」(みき・20歳)、「行きたくないのはファーストフード。会話では、価値観が近いかどうかを気にします。押しが強すぎるトークの人は苦手ですね」(まりこ・21歳)
ほかにも会話で減点されないための心がけは、いろいろある。

・相手のことを聞き出すときは、まず自分のことを話してから(元カレの話などは、しつこく聞かない方がベター)

・感性にかかわってくるテーマ(音楽、映画、お笑いなど)に関しては、自分と好みが合わずとも全否定はせず、どこか1点を褒めてあげる

・自分の苦手な分野の話になったら、興味を示す姿勢を見せつつ、聞き役に徹する

もちろんまだまだあるのですが、とりあえずこれぐらいにして、一方で会話が盛り上がるネタも聞いてみました。

「ファッ ション・グルメ・ビューティー・占い・恋愛、このあたりが女子にウケる鉄板ネタですが、男子ですべてについていける人は少ないと思うので、やっぱり共通項 を探して、共通点があれば、そこを掘り下げるのがいちばん間違いないですよね。あと、一般的に自分の昔話はNGという人も多いですけど、例外として、誰も が共通体験している『給食の話』は、世代が違っても盛り上がりやすいのでオススメです」

そして、最後に先生がこんな秘策を授けてくれた。

「やっ てみてほしいのは、人格当てですね。例えば、強そうな感じのコに、『意外に弱いとこもあるでしょ?』と言ってみたり、弱い感じのコには『意外に芯が強そう だよね』と、あえて見た目と逆のことを言うんです。そもそも人間は二面性がありますから、大体当てはまる(笑)。普段言われ慣れているのと逆のことを言わ れると、『この人、私のことわかってるかも』と思って、印象に残りやすいんです」

なるほど、人格当ては、面白そうです。そんなワケで、次回のデートでは、相沢さんのアドバイスを胸にいくつか実践してきたいと思います!
イラスト/高波伸 相沢さんが授けてくれた、相手の見た目で受けるイメージと逆のことを言う「人格当て」。いつも、かわいいと言われ慣れてるコに「かわいいね」と言っても響かないように、普段言われないことを言われることで、「この人、私のことわかってくれてるかも」と、相手の印象にも残るのだとか。ぜひ、お試しあれ。

初デートで、盛り上がる会話術を実践してみた



街頭アンケートによる女子の声と、日刊スポーツ「エヌスク」で『♂と♀の恋愛ラボ』を連載する、恋愛コラムニストの相沢あいさんのアドバイスによって、初デートにおけるハズさないお店選びと、相手に好意を持ってもらうための会話術を再確認。

正直、どっちもある程度できている自信はあるんですが、初心忘るべからず! ということで、再確認したことを踏まえてのデートを決意。3カ月前にパーティーで知り合ってデートの約束はしているものの、お互いの予定が合わずに、まだ1度もデートしたことのないリサ(24歳・OL)とのデートに臨むことにしました。

まず、お店選びに関する相沢さんのアドバイスは、「半個室があって客単価4000~5000円のダイニング。夜景が見える、有名シェフがいる、などの付加価値があれば、なお良し」とのことでしたが、これは個人的によく使っているダイニングBarが、「有名シェフがいる」以外の項目をクリアしているので問題はないハズ。最寄りの駅でリサと落ち合い、そのお店に連れていきます。

お店に入って、彼女と乾杯したあと、相沢さんのアドバイスを頭の中で再確認。

1.相手が興味のない事柄や、興味のない(知らない)人物の話はなるべく避ける

2.エロトークは控えめに

3.相手のことを聞き出すときは、まず自分のことを話してから(元カレの話などは、しつこく聞かない方がベター)

4.感性にかかわってくるテーマ(音楽、映画、お笑いなど)に関しては、自分と好みが合わずとも全否定はせず、どこか1点を褒めてあげる

5.自分の苦手な分野の話になったら、興味を示す姿勢を見せつつ、聞き役に徹する

これらを意識しながら会話を進めますが、30分が経過しても、なかなか共通項を見いだせないなか、話題は音楽の話に。ロック全般が好きな僕に対し、彼女はレゲエが好きとのことで、趣味が合いません。とはいえ、5のアドバイスを思い出し、「レゲエか~。俺は詳しくないジャンルなんだけど、レイブとかって楽しそうだよね~」と会話を合わせると、彼女が楽しそうにレゲエの話をしだしたので、聞き役に徹します。

続いて、お笑いで誰が好き? という話題では、「『POISON GIRL BAND』とか『おぎやはぎ』みたいなシュールな感じのとぼけた笑いが好き」という僕に対して、彼女は、「『はんにゃ』が大好き」とのこと。ここも趣味が合いませんが(苦笑)、4のアドバイスを思い出し、「ああ、確かに動きとか面白いよね」と会話を合わせます。

気を取り直して、会話を進めること1時間が経過。やっと映画の好みは割と近いことがわかると、一気にトークが弾み出しました。そこへ、店員さんが注文を取りにきたので、お互いのお酒を頼むと同時に、店員さんに「あ、紹介します。こちら、僕が一方的に惚れてるリサちゃんです」と、普段、僕がよく使う店員さんを絡めたトークを投入(彼女にはウケた様子)。

さらに終盤、ダメ押しとばかり、相沢さんに授けてもらった「見た目と反対のことを言う、人格当て」を試すべく、どちらかというと芯のしっかりしてそうな彼女に、「リサってさー、意外に弱いとこあるでしょ?」と振ってみると、驚いた様子で、ほぼ狙い通りの反応が返ってきました。この作戦、なにげにいいかも。

そんなこんなで、後半はかなりトークも盛り上がったままデートが終了。次回デートの約束もできたので、まあ合格かなと思いつつ、相沢さんに顛末を報告すると。

「ほぼ、できていると思いますね。ただ、仕事中の店員さんを絡めるのは、真面目な性格のコだと逆に引くこともあるので、相手を見てやった方がいいですね」とのご指摘が。はい、今後、気をつけます。

いずれにしろ、ここまで気を遣いながらトークしたのはほぼ初めてですが、趣味が合わない割には、次回デートの約束ができたので、まあ良しとしたいと思います(笑)。みなさんも今後の初デートでは、参考にされてみては? 初デートで、相手に好感を持ってもらうための会話術をあらためて考えてみた今回。相沢さんのアドバイスで、本文中で紹介しきれなかったものの中には、こんなものもありました。

・女子が、自分の仕事や人間関係についての意見を述べたとき、すぐに反対意見を返さない(1度肯定してあげて『でも、俺ならこうするかな』と提案してあげる)

・愚痴に対しては、「うん」「なるほど」「確かにそうだね」「その気持ちわかるよ」「大変だったね」などで切り返す(女子は別に否定意見を求めて話しているワケではないので、共感してあげる姿勢を見せることが大事)

これらの項目からもわかるように、初デートというシチュエーションで相手との距離を遠ざけないためには、相手の価値観や世界観をばっさり否定することは避けた方が無難、ということがいえそうです。相手の話を否定したり、自分の価値観や世界観の素晴らしさを訴えるのは、仲良くなってからでもできるワケですからね。

そんなワケで、「女子と出かけよう!」では、引き続き、みなさんの投稿をお待ちしております。ご意見、ご感想はもちろん、モテについてどうしても知りたいテーマがある方は、どしどし投稿してくださいねー。

女子と出かけよう!の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト