女子をさがして三千里

第10回 “彼氏持ち女子”への恋を成就させる!

2009.11.27 FRI

女子をさがして三千里

女子との恋の糸口を生み出すための有効策を探すべく、毎回、様々なテーマで、女子を攻略するための検証を繰り返してきた当コーナーも、今回がいよいよ最終回!

そこで、最後を飾るにふさわしいテーマは何かを考えた結果、「いいな」と思っていても、なかなか手が届かない存在、つまり既に彼氏がいる女子にアプローチする方法を検証してみようという結論にいたりました。

かなりハードルが高いテーマだとは思いますが、突破口は必ずあると信じて、彼氏持ち女子攻略の糸口を探ってみたいと思います!


(左から)「彼氏がいるときは、行っても合コンくらいまでですね。夜に、ふたりでご飯? 行くとしたら昔からの友達限定ですね」(さあ・25歳)、「彼氏がいるときに遊んでもいいと思える人? 彼氏より超カッコイイか、イケメンじゃない人。ほどほどな人は、リアルすぎるからダメ(笑)」(トモミ・22歳)

女子に聞きました “彼氏持ち女子”攻略の糸口をつくるには?



好きになったあのコには、彼氏がいた。そんなとき、「彼氏がいるなら、仕方ない」と、あっさりあきらめる人も多いのではないでしょうか。

もはや出会ったタイミングを呪うしかないワケですが(苦笑)、彼氏がいるからといって何もせずにあきらめては男の名折れ(?)。「攻略の可能性はゼロじゃない!」と信じてアタックしたいところですが、だからといって玉砕覚悟でアタックするだけじゃ、あまりにも無謀すぎる気もします。

そこで、彼氏持ち女子攻略のヒントを探すべく、表参道で道行く女子に街頭リサーチを敢行してみることに。

まず、「彼氏がいるのに、ほかの男性と遊んだことがありますか?(合コン、飲み会含む)」との質問では、20人中15人が「YES」と回答。「彼氏がいるのに、ほかの男性が気になることはありますか?」との質問では、「ある」「ない」が、ともに10人ずつで意見がまっぷたつに割れました。

「ない」と答えた人たちの言い分は、ほとんどが「彼氏がいるときは、そういう気にならない」「基本的に付き合ったら一筋だから」という、もっともな理由によるもの。この辺は、「隙あらば」と考えがちな男との恋愛心理の違いを如実に物語っているような気がします。

一方、「ある」と答えた人たちの言い分で圧倒的に多かったのが、「彼とケンカしていたり、彼に不満があるときに、ほかの人が気になる」という声。それ以外では「彼氏にないところを持っていたり、彼ができないことをできる人を見るといいなと思う」などの声も。どうやら彼氏持ち女子に攻め込む糸口は、この辺にあるのでは?
(左から)「私の場合は、彼女がいる人には恋愛の相談はしませんね。相談相手に『俺と付き合っちゃえば?』って言われるのは、個人的には悪い気しないし、むしろ嬉しいかも」(ゆか・21歳)、「“彼氏持ち女子”の攻略法? そのコが彼氏に会わない曜日に電話したり、ご飯に行くとかじゃないですかね。ちなみに、そういうところから発展したのが私の今カレなんですけど(苦笑)」(歩美・21歳)
それではとばかり、彼女たちに、女子視点での「彼氏がいるコを口説くなら、こう攻めるべき!」というアドバイスを聞いてみると、「恋愛の悩み相談に乗って あげるのがいいと思う」との声が圧倒的多数。ただし、その際の注意点として「彼氏を否定しないこと(自分のことを否定されているようで冷めるから)」 「『いっそ俺と付き合っちゃいなよ』とか言わないこと(やはり冷めるとの意見多数)の2点は女子たちの共通意見でした(※その他の声は写真下のキャプショ ン参照)。

ということは、まず女子に相談を持ちかけられる男であるために「連絡をいつでも取り合える関係」であることが大前提になるワケ ですが、相談に乗ったとして、いつまでも相談に乗っているだけじゃ、永遠に進展もないワケで。問題はそこから先、どうやって切り崩していくか? この疑 問に対し、ひとりの女子からこんな意見が。

「ただの友達じゃなく、彼氏とケンカしたりして落ち込んでるときに電話したくなっちゃうような 人を目指すといいと思う。そういうポジションにいる人なら、その先に、彼氏に昇格できる可能性があるし、女のコの方からよく電話がかかってくるようなら絶 対に好意は持たれてるハズ。男の方が『付き合おう』って言ったら付き合うコもいると思う」

う~ん、なるほど。もちろん、これはあくまで いち意見ですが、「そもそも、どうでもいい男には相談しない」という声も複数あっただけに、上記のコメントの中には結構ヒントが隠されているような気がし ます。というワケで、好きなコに彼氏がいるからと、あきらめているみなさん! あきらめるのは、もったいないかもしれませんよ?

恋愛の達人に聞いた “彼氏持ち女子”の攻め方とは?



彼氏持ち女子を攻略するヒントをつかむべく、女子に街頭リサーチを敢行。その結果、どうやら「恋愛相談に乗ってあげる」ことが、ひとつの攻略の糸口になりそうなことがわかってきました。

しかし、問題なのはそこから先。具体的に、どのようにこちらの好意を伝え、切り崩していけばいいのだろうか? 

「彼氏がいる女子でも、ラブラブ度には波があります。その波を見極めるために、僕の場合は『どこで会ったの?』から、『どうやって付き合いだしたのか』まで徹底的に彼氏の話を聞いていきます。ただし、質問攻めばかりだとひかれるので、聞き方には注意が必要。例えば、そのコが、水嶋ヒロ好きなら、『じゃあ、彼氏は、水嶋ヒロに似てるんだ?』と聞くとか、似てないって言うなら『じゃあ誰に似てるの?』とか、そんなふうに楽しく話させながら彼氏との状態を探っていきます。中でもいちばん大事な点は、『今の彼氏や、前の彼氏にどういうふうに落とされたか』を聞くこと。それを知ることで攻略パターンも見えてきます」

そう語るのは『ブサヤリ ~ブサイクがかわいい女とヤる技術』の著者、横山建氏。彼氏持ちを攻略するうえでのポイントをさらに聞いた。

「よく『そんなヤツやめて俺と付き合っちゃおうよ』みたいなことを言う人がいますが、相手の彼氏を貶めるような発言は、相手を萎えさせるので絶対にNG。僕は逆に、『へ~、そういうことしてくれるんだ。いい彼氏だね』と、彼氏のことを褒めます。基本は彼氏を褒めつつ、一方で『彼氏もいいけど、俺も結構いいとこあるよ』みたいなことも、たまに言っておく。これは友達になりすぎないために、『そういうことも言う人なんだ』と植え付けることも必要だからです。そうして、ちょこちょこ連絡を取りながら、ラブラブ度が下がる瞬間(攻め時)を待つ。それが彼氏持ち女子の、最も有効な攻め方だと思いますね」

そのうえで、横山氏は「相手がさびしがり屋のコなら、彼氏より連絡を取るべき。今の彼氏が毎日メールしてるのに、1週間に1回しかメールしないのでは絶対に攻略できません」と、彼氏にない部分の演出が必要とも。続いて、男性に出会いのつくり方を実践指導する『リアル出会いクラブ』塾長にして、ナンパ師としても名高いボンバー☆功氏にも話を聞いてみた。

「彼氏持ち女子を攻略するにあたっては、まず彼氏との親密度のリサーチをしながら『隙間』を探していくことです。ポイントは、彼氏と会っている時間が、そのコの生活の中でどれぐらいのウェイトを占めているか。彼氏とうまくいっていなくて割と放置されているとか、彼氏が忙しくて遊べないとか、そのコに空いている時間がどれだけあるかを測りつつ、彼氏と会っていないところにアポを入れるんです。その際は、ただ『遊ぼうよ』と誘うと警戒されてしまうので、『どこそこのイタリア料理がめちゃくちゃウマくてさ~。いついつ暇なら食べに行こうよ』といった感じで、目的や行き先を提示して誘うといいと思います」

では、会ってからはどう切り崩していくのだろうか?

「僕の場合は多少パワープレイです(笑)。口説いてて、『でも私、彼氏いるし』とか言われたら、『でも、ふたりで会ってるワケじゃん?』とか、冗談っぽく『彼氏が知ったらどう思うかな~(笑)』とか言ったりしながら、徐々に距離を詰めていく。僕が思うに、彼氏がいるのにふたりきりで会うシチュエーションに乗ってくるコというのは、絶対彼氏と何かあると思うんですよ。少なくとも僕の場合は、そういう前提でいっちゃいます。それでダメなら、仕方ないですから」

若干、ふたりのキャラの違い(?)による攻め方の違いはあれど、非常に参考になる意見の数々。まずは相談に乗れるポジションをキープし、そのときが訪れたら仕掛ける! 好きなコに彼氏がいても、そんなふうに、やることだけはやれる男でありたいものです。 ある意味、究極のテーマ(?)ともいえる 彼氏持ち女子の攻略法を検証してみた今回、いかがでしたか? 実際には、街頭リサーチでも「彼氏がいる間は、ほかの男には目が向かない」という女子の声も結構聞かれたため、ハードルが高いことは間違いありませんが、それでも、可能性はゼロではないのも事実。

行くも行かぬもアナタ次第ですが、攻略のヒントは見えたのではないでしょうか。

そんなワケで、『女子と探して三千里』は今回をもって最終回ですが、当コーナーの前身である『女子と出かけよう』も合わせれば、かなり様々な角度から女子を攻略する上での実践的な検証ができたのではないかと思います。

とはいえ、もちろん恋愛に「絶対、これが正解」なんてものはないので、当コーナーで検証してきたことを参考に、みなさんも自分流の素敵な恋愛を楽しんでください! それでは、また機会があったらお会いしましょう。ご愛読ありがとうございました!

女子をさがして三千里の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト