西野亮廣

芸人、絵本作家

兵庫県生まれ。1999年、漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、絵本の制作、ソロトークライブや舞台の脚本執筆を手がけるなど、未来を見据えたエンタメを生み出している。

南海キャンディーズの山ちゃんに見る、これからの時代で“信頼が集まる人”の共通点

南海キャンディーズの山ちゃんに見る、これからの時代で“信頼が集まる人”の共通点

僕がホリエモンロケットに1000万円を使ったのは、「命をつなぐ」お手伝いができるからだ

僕がホリエモンロケットに1000万円を使ったのは、「命をつなぐ」お手伝いができるからだ

「ホリエモンの移動」がお金になるのはなぜ? キンコン西野が考える“自分の商品”の見つけ方

「ホリエモンの移動」がお金になるのはなぜ? キンコン西野が考える“自分の商品”の見つけ方

23歳で終わりの見えない休業を経験したキンコン西野が考える「うつにならない方法」

23歳で終わりの見えない休業を経験したキンコン西野が考える「うつにならない方法」

奇抜なアイデアは自己満足。定石を大事にできない人は「アイデアマン」になれない

奇抜なアイデアは自己満足。定石を大事にできない人は「アイデアマン」になれない

プレゼンの肝は“想像させること”じゃない。キンコン西野が教える、プレゼン成功率の高め方

プレゼンの肝は“想像させること”じゃない。キンコン西野が教える、プレゼン成功率の高め方

リーダーが「不満は何でも言ってください!」と募ると、むしろ組織のリスクになるワケ

リーダーが「不満は何でも言ってください!」と募ると、むしろ組織のリスクになるワケ

信頼を勝ち取るには、相手の“言われたとおり”にしてはいけない

信頼を勝ち取るには、相手の“言われたとおり”にしてはいけない

大きなエネルギーが動いたときは「ヨット理論」で考えよ。コロナショックとの向き合い方

大きなエネルギーが動いたときは「ヨット理論」で考えよ。コロナショックとの向き合い方

会社に対して「理不尽」だと思ったときにどう頑張ればいいのか。その解決策を教えます

会社に対して「理不尽」だと思ったときにどう頑張ればいいのか。その解決策を教えます

人付き合い、副業、経済圏…年6億以上稼ぐ西野亮廣が語り尽くす「稼げる人になるためのルール」

人付き合い、副業、経済圏…年6億以上稼ぐ西野亮廣が語り尽くす「稼げる人になるためのルール」

これから「役に立つ人」の価値は薄れていく。キンコン西野が“コンビニにあるもの”で解説

これから「役に立つ人」の価値は薄れていく。キンコン西野が“コンビニにあるもの”で解説

無料でモノをもらったとき「ラッキー!」と思う人は“お金持ち”になれない

無料でモノをもらったとき「ラッキー!」と思う人は“お金持ち”になれない

「挨拶をしない人」はシンプルに頭が悪くなる。キンコン西野がそのロジックを解説

「挨拶をしない人」はシンプルに頭が悪くなる。キンコン西野がそのロジックを解説

あなたの生活コストはいくら? キンコン西野が解く“夢を叶える”ための2つの問題

あなたの生活コストはいくら? キンコン西野が解く“夢を叶える”ための2つの問題

キンコン西野が考える、どの職においても当てはまる「負ける人の共通点」

キンコン西野が考える、どの職においても当てはまる「負ける人の共通点」

優秀なリーダーになるには、ビジネスのほかに『脚本の基礎』を学ばないといけないワケ

優秀なリーダーになるには、ビジネスのほかに『脚本の基礎』を学ばないといけないワケ

「お金って何?」と聞かれたらどう答える? キンコン西野が教える"お金の価値"の本質

「お金って何?」と聞かれたらどう答える? キンコン西野が教える"お金の価値"の本質

ビジネスには「単利型」と「複利型」がある。あなたの仕事はどっちだ?

ビジネスには「単利型」と「複利型」がある。あなたの仕事はどっちだ?

キンコン西野「結果を出したい人は、“前に進むだけ”で満足してはいけない」

キンコン西野「結果を出したい人は、“前に進むだけ”で満足してはいけない」

「単語脳」「文脈脳」を見極めないと誤解を生む。キンコン西野流“正しい言葉”の伝え方

「単語脳」「文脈脳」を見極めないと誤解を生む。キンコン西野流“正しい言葉”の伝え方

仕事のスケールが大きくならないのは、“辞める”決断ができないからだ

仕事のスケールが大きくならないのは、“辞める”決断ができないからだ

労働量・クオリティは給料に響かない。キンコン西野が「ジュース」と「サンマ」で解説

労働量・クオリティは給料に響かない。キンコン西野が「ジュース」と「サンマ」で解説

西野亮廣「働き方改革を鈍らせている元凶は、“下”がサラリーマンの働き方しか知らないこと」

西野亮廣「働き方改革を鈍らせている元凶は、“下”がサラリーマンの働き方しか知らないこと」