合コンを制するものはビジネスを制す!

帰りの電車で余韻に浸る

2010.07.08 THU

合コン力検定


【問1】
一次会でアッサリお開きになった合コンのあと、ともに戦った後輩と同じ電車で帰った。そいつが「ぶっちゃけ、今日はハズレでしたね」と言ってきたが、さて、どう答える?(難易度★★)

(1) 「いや、結局は我々の力が足りなかったってことだよ…」

(2) 「そんなことないよ。みんなけっこうかわいかったじゃない」

(3) 「確かに、そうだな。ま、そういう日もあるのが合コンさ」

【問2】
合コン帰りの電車の中で、友だちが「○○ちゃん、かわいかったな」と言い出した。自分としては、その○○ちゃんの印象は最悪だったが、どんなふうに話を展開すべきか?(難易度★★)

(1) 「うん、そうだね。思い切って攻めてみなよ」と友だちをそそのかす

(2) 「えー、かわいくないよ。お前、見る目がないなあ」と非難する

(3) 「俺は、△△ちゃんがいいと思ったな」と自分の意見を表明する

【答1】(1)-5 (2)-0 (3)-2

【解説1】 いまひとつ盛り上がらなかった合コンからの帰路は、非常に切ないもの。しかし、そんな切なさも合コンならではの味わい深い余韻と言えます。(3)はシミジミした気分にはなれますが、簡単にまとめすぎ。(1)のようにあえて責任をかぶって、反省すべき点は反省することで、切なさを踏み台に満足感や成長の実感らしきものを覚えてしまいましょう。心にもない言葉で女性たちを擁護する(2)は、単なる現実逃避。合コンに対する誠実さが足りません。

【答2】(1)-3 (2)-0 (3)-5

【解説2】 楽しかった合コンを思い出しながらの帰りの電車は、まさに至福のひととき。お互いに協力して幸せを増幅しましょう。(2)は最悪の反応。今そんな議論をしたって、何の意味もありません。(1)で友だちに夢を見させるのも一興ですけど、ここは(3)のように別の女性の名前をあげてしまいましょう。その方が、カワイイ子だらけの豪華な合コンで、しかもたくさんの成果があったかのような気持ちになれます。しょせんは、つかの間の夢なんですから…。

8~10点の判定文 幸せな気持ちで電車を降りられそうです。

4~7点の判定文 苦味を味わうコツを身につけたいところ。

0~3点の判定文 せっかくの余韻を無造作に扱い過ぎです。

お開きになっても勝負は続いている

※フリーマガジンR25 191号「大人の合コン力検定」より

帰りの電車で余韻に浸る

石原壮一郎

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト