合コンを制するものはビジネスを制す!

秋の味覚への感激を表わす

2011.09.29 THU

合コン力検定


【問1】
今日の会場に選んだ居酒屋では「秋の味覚フェア」を開催中だった。特別メニューの「キノコと鮭のホイル焼き」を頼んだが、正直、味はイマイチ…。どうコメントすればいいか? (難易度★)

(1) 「うん、おいしい! 口の中いっぱいに秋が広がるね」

(2) 「これはちょっと、秋の味覚に失礼なんじゃないかな」

(3) 「とりあえず、秋らしい気分は感じられたから、ま、いっか」

【問2】
「カツオの刺身」を頼んだら、それが絶品だった。「今がまさに旬だもんね」と言ったら、男性のひとりから「えっ、カツオの旬は春でしょ?」という知ったかぶりの発言が。さて、どうする? (難易度★★)

(1) 「いや、秋のカツオは『戻りガツオ』といって…」と講釈を垂れる

(2) 「春の『初ガツオ』しか知らないようじゃ素人だな」と鼻で笑う

(3) 「確かに春も旬だけど、秋も旬らしいよ」と控えめに説明する

【答1】(1)-0 (2)-2 (3)-5

【解説1】 まあ、その手の「特別メニュー」が、ちゃんとおいしい可能性は、あまり高くありません。きっと女性たちも「イマイチ…」と思っているでしょう。いくらうわべの盛り上がりを重視すべき合コンの場とはいえ、(1)はあまりにウソ臭すぎます。ここは、あからさまに非難はしないまでも微妙に含みがある(3)のようなセリフで、女性チームの面々と深いところで心を通わせましょう。(2)は、同意は得られても、小うるさい印象を与えてしまいそうです。

【答2】(1)-5 (2)-0 (3)-3

【解説2】 カツオには「初ガツオ」と「戻りガツオ」と2度の旬があるのは魚好きの常識だけに、(2)のように鼻で笑われても仕方ありません。でも、それはさすがにかわいそうだし、合コンという場では刺激が強すぎます。女性が言ったのならマイルドな(3)が適切ですが、男同士だとむしろ水臭さが漂うかも。ここはあえて講釈を垂れて、会話を広げる道を選びましょう。そいつには恥をかかせることになりますけど、大きな目的のためならと耐えてくれるはずです。

8~10点の判定文 ともにいい汗を流す関係に近づけそうです。

4~7点の判定文 さわやかにぶつかれば勝機が見つかるはず。

0~3点の判定文 参加することに意義を見つけましょう…。

今日の格言 収穫の秋にふさわしい成果を!

※フリーマガジンR25 114号「大人の合コン力検定」より

秋の味覚への感激を表わす

石原壮一郎

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト