恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第46回

謙虚になりたい女性は、美人と過ごせ!

2011.10.19 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


自分に自信を持つのは大切だが、高いハードルは時に視野を狭めることにもなりかねない。もし、本人も気づかないうちに自己評価がインフレを起こしているのだとしたら… 写真提供/PIXTA
性格もルックスも悪くないのに、なかなか彼氏ができない…とぼやく女性、きっと皆さんのまわりにもいるだろう。そんな女性を見ていて、率直に「なぜ、こんないい子がいまだに独りなんだろう」と感じることもしばしばだ。

しかし、よくよく彼女たちの話を聞いてみると、正直、知らず知らずのうちに男性に求める理想が高くなり過ぎているのでは…? と思うことがある。せっかくここまで待ったのだから生半可なレベルの男とは付き合いたくない、と考えてしまうのはわかるのだが、そんな想いが恋のチャンスを狭めているように思えなくもない。

そこで今回は、そんな女性に向けたアドバイスを心理学者の内藤先生に求めたところ、「自分のハードルを少し下げることで幸せになろうと思うなら、美しい同性と一緒にいる機会を増やしてみてはどうでしょう」とのコメントを得た。一体どういうことか!?

「カナダのライアソン大学の心理学者、ステファン・ワント氏が76人の女子大生を対象に次のような実験を行っているんです。スタイルも顔もハイレベルな女性モデルが出演するムービーを、見せるAグループと見せないBグループの2つに分けたうえで、両グループに自分自身の外見を採点させたのです。その結果、100点満点換算でAグループは50.94点、Bグループは73.58点と、自己評価に明確な差が生じました。これが事前に見せたムービーの影響であるのは明らかでしょう」

つまり、ルックスのよい同性に触れると、自分自身への評価が相対的に下がる傾向が女性にはある。この効果を逆手にとれば、自然と謙虚になれるのではないか、というわけだ。

「美しい友達と積極的に一緒に過ごすことで謙虚な気持ちが芽生え、男性に要求するレベルが下がり、楽しい恋愛体験が得られるのなら、それもまたいいのでは?」

もちろん、恋愛は一期一会。謙虚であればいい相手に恵まれるとは限らないわけですが…。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト