合コンを制するものはビジネスを制す!

自己紹介の失態を救済する

2012.02.23 THU

合コン力検定


【問1】
乾杯のあとの自己紹介で、男性のひとりがウケを狙って「特技は、2m以内に近づいた女性を妊娠させることです」と言ったら、見事にドン引きしてしまった。さて、どう救済してあげるか? (難易度★★★)

(1) 「今日も絶好調にスベってるね!」と、そういうキャラとして扱う

(2) 「ゴ、ゴメンね。根はいいヤツなんだけど」と、女性チームに謝る

(3) 「オレは1m以内じゃないと無理だなあ」と、強引に拾ってあげる

【問2】
「趣味は音楽を聴くことかな」と自己紹介した女性に、「誰が好きなの?」と尋ねたら、「どうせ、みんな知らないし…」と回答を拒否された。一気に空気が重くなったが、なんて返せばいい? (難易度★★)

(1) 「まあまあ、試しに言ってみてよ」

(2) 「あっ、きっと氷川きよしだ!」

(3) 「通好みなんだね。いいなあー」

【答1】(1)-5 (2)-3 (3)-0

【解説1】 どうしようもないにも程がある自己紹介です。しかし、せっかくの合コンを台無しにしないためには、何とか救済しないわけにはいきません。ここは(1)のように、「普段から何を言ってもスベリがちなキャラ」ということに仕立て上げるのが、女性チームの恐怖心をやわらげて、その後への悪影響を最小限に抑える道。(2)もいちおうのフォローにはなりますが、男性同士の結束のほころびがチラつきかねません。(3)は、さらに泥沼に陥るだけの愚挙です。

【答2】(1)-2 (2)-0 (3)-5

【解説2】 ったく、合コンをナメたリアクションですが、いろんなタイプが登場するのも合コンの醍醐味です。ドンと受け止めましょう。ただ、そういうタイプに(2)のボケをかましても、さらにつらい雰囲気になるだけ。ここは、相手のダメなセリフを強引に高く評価しつつ、簡単に流してしまっている(3)こそが、重い空気を何とか払拭してあげられる、精一杯の優しい対応です。もしかしたら、本人は(1)のセリフを期待しているかもしれませんが、ちょっと甘やかし過ぎかも。

8~10点の判定文 ハイパーレスキュー隊並みの救済力です。

4~7点の判定文 助けたいという熱意はきっと伝わります。

0~3点の判定文 むしろ足を引っ張ることになりがちかも。

今日の格言 助け合いの精神でピンチをしのげ!

※フリーマガジンR25 135号「大人の合コン力検定」より

自己紹介の失態を救済する

石原壮一郎

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト