恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第157回

見知らぬ異性との会話、8割がOK

2013.12.18 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


出会いのチャンスは待っているだけではやってこない。ポーチング(声かけ)の意外な成功率も判明しているし、男性諸君は勇気を出してみてはいかがだろうか 写真提供/PIXTA
忘新年会をはじめ、何かと人が集まる機会の多い今日このごろ。運が良ければ、素敵な女性と出会えるチャンスもあるかもしれない。

でも、だからといって見知らぬ相手に声をかけるのは、なかなか勇気の要ることだ。一人所在なさげに佇んでいる女性を見つけても、結局話しかけることもできずに終宴を迎える…というのはいかにもありがちだ。

「そういう消極的な姿勢はもったいないですよ。本当は女性の側だって、自分から声をかけるよりは声をかけられたいと思っているものです。節度を守ったうえで、勇気を出して話しかけてみれば、思わぬ出会いが得られるかもしれませんよ?」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。そうした女性心裡を裏付ける調査データもあるという。

「米ミシガン大学の心理学者デビッド・シュミット氏が、日本を含む世界53カ国で、男性から女性への“ポーチング”の成功率を調査しているんです。ポーチングとは日本では耳慣れない言葉ですが、面識のない異性に声をかける行為のこと。調査の結果、全体の83.2%が、ポーチングで相手とのコミュニケーションを成立させていることがわかりました。さらに、どちらかといえばこうしたナンパ的な行為に抵抗感が強い東アジア地域に絞ってカウントしてみても、成功率は70.5%に達しています」

いきなりデートに誘ったりするのは成功率が低くても、忘年会や結婚式での会話を楽しむくらいなら、見知らぬ相手でも抵抗感は薄いのだと内藤先生は解説する。たしかに誰しも、パーティーなどの場で“壁の花”を決め込むのが楽しいわけがない。ここは一丁、男の方から頑張って口火を切れば、相手にしてもらえる可能性は決して低くはないということだ。

こうした会話がきっかけとなって、恋愛に発展する可能性だってないとは限らない。男性諸君はこのデータを心の支えに、ぜひ勇気を振り絞ってみてほしい。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト