恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第162回

女性のたばこは自己演出に効果的?

2014.01.22 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


心理的には、いまでもたばこは男性的な嗜好品。女性にとっては“強さ”を演出するツールになる!? 写真提供/PIXTA
分煙・禁煙が推し進められている昨今、喫煙者にはいささか不便な世の中になりつつある。飲み会などの場でも、喫煙者の方が少数派であることが決して珍しくなくなった。

でも、もともと非喫煙者である筆者からすると、たばこというのは実はけっこううらやましいツールだ。ちょっとした間をたばこで持たせられるのは便利だし、何より紫煙をくゆらせる姿はワイルドでかっこいい。イメチェンの意味も込めて、たばこを手にしてみたくなることもしばしばだ。

「それはどうでしょう? たばこを吸い始めたとしても、期待しているような効果は得られないかもしれませんよ。男性の場合は喫煙の有無にかかわらず、客観的な印象はほとんど変わらないことが、ある心理学者の調査で明らかになっていますからね」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。内藤先生によれば、米ボール州立大学の心理学者デビッド・ハインズ氏が、次のような調査結果を発表しているという。

「ハインズ氏は、6つの映画作品から男優・女優の喫煙シーン、非喫煙シーンを抜き出して編集したダイジェストムービーを使い、出演者のイメージの変化を調査しました。その結果、男優に関しては、良くも悪くも喫煙がイメージに影響することはほとんどありませんでした。成人した男性がたばこを吸ったからといって、ワイルドな印象は与えられないんです」

一方で、女優の場合は、女らしいイメージの低下など、明確な影響が認められたそうだ。

「つまりこれは、いまだにたばこというものには男性的なイメージが根強い証拠だと、ハインズ氏は論じています。もしかすると、女性であれば、たばこを吸うことでワイルドでかっこいいイメージをアピールできるかもしれませんね」

強い女性を演じたい人には、試してみる価値あり!?
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト