恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第139回

好感度の高い「喫煙者」とは?

2014.08.15 FRI

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


タバコより葉巻の方が好感度は上がるという調査結果あり。ただし、スマートに葉巻をくゆらせることの難易度は、明らかにはなっていない… 写真提供/PIXTA
昨今の健康志向や嫌煙ブームの高まりを受け、喫煙者には暮らしにくい世の中となっている。タバコを吸える場所はどんどん減っているし、煙を嫌う女性も多い。税金も上がる一方で、節約のために禁煙を決意する人も少なくない。喫煙者の側からすれば、「何もそこまで目の敵にしなくても…」というのが本音だろう。

それに、止めようと思っても簡単に止められるものではないのがツラいところ。でも女性にはモテたいし…、うーん。

「それではタバコではなく、葉巻に変えてみるというのはいかがですか? タバコをくわえた姿よりも葉巻をくわえた姿の方が、好感度が高いというデータもありますし」

そう語るのは心理学者の内藤誼人先生だ。葉巻というと「金持ちのおじさんのもの」といったイメージがあるが、どういうことだろう?

「これは米テキサス技術大学の心理学者コイ・カリソン氏が発表したデータです。カリソン氏は117名の大学生を対象に、“タバコをくわえた男性”、“葉巻をくわえた男性”、“何もくわえていない男性”の3種類の写真を見せて、それぞれの好感度を測定しました。その結果、最も好感度が高かったのは、“何もくわえていない男性”で6.33ポイント。次いで“葉巻の男性”が5.18ポイント。最下位が“タバコの男性”で4.64ポイントとなったのです」

内藤先生によれば、葉巻のようなレトロ感のあるアイテムは、相手に“権力”や“パワー”を印象づける効果があるのだという。

「レトロという意味では懐中時計などもいいでしょうね。こうしたアイテムは“男性らしさ”を演出するもの。つまり、男性にとって装飾品のような意味合いを持つのです。無理に禁煙してストレスを溜めるより、かえって恋愛面でもプラスになるかもしれませんよ」

もっとも、葉巻や懐中時計が似合う男になるのも、なかなかハードルが高い。まずは内面を磨くことから始めるべきかも!?
(友清 哲)

※この記事は2013年8月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト