恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第94回

「理解力」は万国共通の魅力!?

2014.09.25 THU

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


パートナーに「理解力」を求めるのは、万国共通!? やはり男子たるもの、相手を包み込んでやる懐の深さが大切なのだ 写真提供/PIXTA
最近は恋愛模様も国際色豊かで、外国人の彼氏・彼女を持つ人も珍しくない。たまに「どこそこの国では日本人はモテるらしい」なんて噂を耳にすることがあるけど、もし本当にそんな国が実在するなら、むしろ積極的に転勤、移住したいところだが…。

「いえいえ、残念ながら日本でモテない人は海外でもモテないのが現実ですよ。男性も女性も、恋愛・結婚相手に求める条件には、意外と文化差が存在しないことがわかっていますからね」

そう語るのは心理学者の内藤誼人先生だ。これは心理学的な調査で明らかにされていることだという。

「米ハワイ大学の心理学者エレイン・ハットフィールド氏が、アメリカ人、ロシア人、日本人を対象に、独身の男女が結婚相手に求める条件を調査しています。その結果、どの国でも1位は“理解力”でした。つまり、自分を理解してほしいというパートナーへの要求は、男女を問わず万国共通、人の持つ根源的な欲求なのだとハットフィールド氏は結論づけているんです」

ちなみにこの調査によると、2位以下はユーモアセンスや誠実さ、知性などが続き、国によって上位の条件にほとんど差は見られなかったという。

「理解されるということは、受け入れられるということ。人は自分を理解してくれる相手に対して、安心感を覚えるものです。それが男女の間であれば、自ずと恋愛関係に発展するのに有利に働くでしょう」

よし、ならば相手をきちんと理解できる男を目指そう! …でも、それって具体的にはどうすればいいの?

「簡単なことですが、会話の端々で“なるほど”とか、“うん、よくわかるよ”などといった同意の相槌を打つのは効果的ですよ。もし反対意見を述べるにしても、すぐに反論せず、いったんこうした相槌で受け入れてから意見を述べるようにすると、相手は受け入れられたように感じるものです」

やはりコミュニケーションの取り方は大きなカギとなる。これさえ心掛けておけば、万国共通のモテ男になれるかも!?
(友清 哲)

※この記事は2012年9月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト