恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第209回

成功する合コンの適正人数とは?

2014.12.22 MON

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


合コンは少人数の方が、お互いに警戒心をほどきやすい。理想は2人きりでのデートに持ち込むことだ (写真提供/PIXTA)
日頃、異性とふれあう機会の少ない人にとって、合コンは貴重な出会いの場。たまに女友達から合コン開催のオファーを受けると、我も我もと手があがるのは自然なことだろう。

でも、希望者をどんどん招き入れるうちに、合コンというよりお見合いパーティーのような大所帯になってしまうこともある。近年では、参加人数が数百人規模の街コンなども開催されているが、はたして参加人数が増えると、合コンの成否にプラス・マイナスどちらの影響があるのだろう? カップルが誕生しやすくなるのか、それとも誕生しにくくなるのか、はたまた特に影響はないのか、気になるところだ。

「合コンでいい出会いに恵まれたければ、参加人数は重要なポイントです。なぜなら、合コンは限られた時間内で、どれだけ相手と親密な関係を築けるかが成否を分けるからです。その意味では、合コンはなるべく少人数で開催する方が得策ですよ」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これには心理学的な裏付けがあるという。

「米ウェイクフォレスト大学の心理学者セシリア・ソラノ氏が、集めた男女被験者でいくつかのグループを作り、代わる代わる自己紹介をさせる実験を行っているんです。その発言内容から、自分自身に関する情報をどこまで具体的に明かすのか、“心の開き具合”を測定したところ、男女ペアの場合は75%、3人グループの場合は66%、4人グループの場合は57%と、人数が増えるに従って人は当たり障りのないことしか口にしなくなる事実が確認されました。つまり、大人数の前では猫をかぶった発言が増えるわけです」

これは、人は多人数になるほど無意識に警戒心を強めることの表れだと、内藤先生は解説する。

「ですから、合コンはなるべく少人数で催すのがお勧め。大人数のパーティーなどでは、それとなく少人数でグループを形成するよう心がけてはいかがでしょうか。そして気になる異性を見つけたら、次は2人で会えるよう頑張りましょう」

次の合コンに備えて、よく肝に銘じておこう。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト