恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第210回

自信がつくほど恋は縁遠くなる!?

2014.12.29 MON

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


自分に自信のある人ほど、相手を低く評価する傾向があることが、心理学的な調査で確認されている。狙うなら自信のない人がベター!? (写真提供/PIXTA)
自信がある人というのは、誰の目にも魅力的なはずだ。逆に、常にオドオドしていて、話す相手の目をまともに見られないような人は、女性からの心証も良くないに違いない。早く恋人をゲットするには、自信を持つために、コーチングにでも通ってみるのもいいのかも…。

「相手の目は見られるようになった方がいいですけど、こと恋愛に関していえば、自信を持つのは必ずしもプラスではありませんよ。自信がある人が他人から見て魅力的に映ることは確かですが、総じて相手に対する要求レベルも高くなるので、かえってお眼鏡に適う異性と出会う可能性を狭めてしまうかもしれません」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。逆にいえば、自分に自信のなさそうな人というのは、要求レベルも低くて恋に落ちやすいということ? 自己評価は低くても、他人への評価基準はやたらと高い人もいるような気がしますが…。

「なかにはそういう人もいるでしょうけど、心理学的な観点で見ると少数派。米ノースキャロライナ大学の心理学者マシュー・モントヤ氏が、それを実験によって証明しているんです。モントヤ氏は集めた被験者にまず自分の魅力を採点させ、自己評価が高かったグループと低かったグループに分けました。次にそれぞれのグループに、同一人物の異性の写真を複数見せて、その魅力を採点させたところ、自己評価の高いグループの平均値が約61点、自己評価の低いグループの平均値が約72点と、明白な差が表れたそうなのです」

つまり、自信のない人、何らかのコンプレックスを抱えている人の方が、他人に対して寛大な評価をする傾向があると内藤先生は語る。

「自信満々に見える人は他者を見る目も厳しいため、満足できる相手と出会える可能性が下がるんです。その点に注意しておかないと、早く恋人を見つけられるどころか、いつまでたっても理想の相手が現れない…ということになりかねません」

人恋しいこの季節。ぜひご参考に。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト