恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第224回

握手会でアイドルと仲良くなるコツ

2015.04.06 MON

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


人は近くにいる相手に心を開きやすいことが、心理学的な実験によって証明されている (写真提供/south0120 / Imasia)
小規模のライブハウスなどでイベントを行い、ファンと交流する身近なアイドルが増えている。自分が推しているアイドルを応援しようと、熱心にライブや握手会に通うファンも多いとか。

一昔前に比べるとアイドルとファンの距離はぐっと縮まっているようだが、心の距離はどうだろう? 握手会に熱心に通っているうちに、アイドルとお近づきになれる…なんて話はあるのだろうか? 心理学者の内藤誼人先生に聞いてみた。

「心理学には“近接性の原理”というのがあります。これは物理的距離の近い人ほど親密になりやすい傾向があることを示したもの。つまり、最初は脈がなかったとしても、なるべく近くにいるように心がけることで、相手が少しずつ心を開いてくれる可能性はあります」

そばにいるだけで自然に心の距離も縮まるなら、奥手な人でも頑張れそうだ。内藤先生によると、これは次のような実験によって裏付けられているという。

「米ニューヨーク州立大学の心理学者ドン・バーン氏が、学内の2つのクラスで“席替え”のサイクルをコントロールし、それぞれクラスメイト同士の親密度を測定しているんです。バーン氏によれば、一方のクラスでは7週間で席替えを行い、もう一方のクラスでは14週間で席替えを実施。そのうえで、近接するクラスメイトとの親密度を調査したところ、後者のクラスの方がお互いに心を開きあっている傾向が顕著に認められたそうなんです」

近くにいる人間ほど打ち解けやすいのは当然ともいえるが、ここでは「距離」よりも「期間」に注目するべきだと内藤先生は補足する。

「物理的に近づくといっても限界がありますし、あまりベタベタすると嫌われてしまうかもしれません。それよりも、定期的になるべく近くに立つようにするとか、挨拶程度のちょっとしたコミュニケーションを繰り返すなど、1回1回は短時間でも、長期間にわたって繰り返し存在をアピールすることが重要でしょう」

ということは、ライブや握手会に通い続けることで、多少なりともアイドルとファンの心理的な距離は縮まる可能性があるわけだ。もっとも、だからといって恋愛関係に発展するわけではないのでご注意を。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト