恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第251回

行きずりSEX経験女性の7割が後悔

2015.10.19 MON

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


“その場のノリで…”の肉体関係は、女性にとって後悔の元。その場かぎりにしないよう、綿密なフォローを (写真提供/bst2012 / PIXTA)
なかなか恋人ができないと嘆く人が大勢いる一方で、いざ出会ってしまえばトントン拍子に事が運ぶのが恋愛というもの。ときには出会ったその日に…というアバンチュールだって、決して珍しいことではないだろう。

しかし、いくら運命的なものを感じたからといって、その関係が継続するかどうかはわからない。やはり末永いお付き合いを望むなら、どれだけ気分が盛り上がったとしても、もう少し慎重に関係を育むべきかも…。

「たしかに、そのときの勢いで肉体関係を結んでしまうと、とくに女性の側に大きな後悔が残ることを、アメリカの心理学者が突き止めています。もし、初対面の女性とそういう関係になった場合、本当に相手に惹かれているなら、フォローに全力を尽くしたいですね」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これについては、次のような調査結果が発表されているという。

「米ノーザン・アイオワ大学の心理学者エレイン・アッシュバウ氏が、初対面の男性と誘われるがままセックスをしてしまった経験を持つ女性を集めて、ヒアリング調査を実施しました。その結果、全体の74%が『後悔している』と回答していることが判明したそうなのです。さらに、この後悔している人たちのうち28.9%がその理由として挙げたのは、『相手と知り合って24時間以内にセックスをしてしまったこと』。やはり、十分なコミュニケーションがはかられずに肉体関係を持つことは、女性にとって反省材料でしかないわけです」

内藤先生によれば、こうした後悔の念はやがて相手への嫌悪感に変わりかねないというから要注意だ。

「また、この調査では後悔している人の36.2%が、『その関係が1度きりで終わってしまったこと』に対して、強く後悔しているというデータも得られています。もし勢いで口火を切ってしまったのなら、その後も積極的に連絡を取り、次のデートに誘うなどのフォローが必要でしょう」

その後の立ち回り方次第では、その出会いを“いい加減”なものでなく、“運命的”なものに昇華できるかもしれない。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト