恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第256回

女性同士は周期的に対立する?

2015.11.25 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


女性は本能的に、“性の競争”を意識している。いずれかが妊娠しやすい時期にあると推察できるタイミングでは、彼女と身内を引き合わせるのを避けたほうが無難!? (写真提供/Rina / PIXTA)
ネット上の人生相談などを見ていると、嫁姑問題というのは思いのほか深刻なようで、時に離婚の原因にまで発展するリスクをはらんでいる様子。気の早い話かもしれないが、彼女が将来的に自分の母親や姉妹とうまくやっていけるかどうか、なんだか心配になってしまう。

そうでなくても、女同士には男にはわからない微妙な距離感がありそう。せっかく縁あって結ばれた2人なのに、そうした外的な要因で関係がこじれるのは、あまりにも残念すぎる。男である自分に、何かできることはないだろうか?

「人間関係というのは相性もあるので難しいですが、たしかに嫁姑問題というのは、軽視できないものがありますよね。せめて関係が安定するまでは、互いのバイオリズムがいいタイミングを見計らって両者を引き合わせるなど、配慮してあげてはいかがでしょうか」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。たしかに人間だから、虫の居所の悪い時もある。でも、心理状態やバイオリズムを読み解くなんて、素人にはとうてい不可能だ。

「ところが、そうでもないんです。イタリアのトリエステ大学の心理学者、ヴァレンチナ・ピッコリ氏が、月経周期に着目し、66人の女性被験者の対人関係に対する感情の変化を測定したところ、女性は妊娠しやすい時期ほど、同性に対して冷たくなる傾向があることが判明したのです。ピッコリ氏はこの結果について、女性はパートナーの有無にかかわらず、本能的に“性の競争”を意識するようプログラミングされているのだと考察しています」

妊娠しやすい時期とは一般的に、月経開始から2週間前後。この時期、女性は男性や高齢女性などに対しては平常通りでも、同性に対してのみ、冷たい対応をとったり、批判的になったりする傾向が確認されたのだという。

身内とはいえ月経の周期を把握するのは簡単ではないが、せめて彼女の月経周期だけでも押さえておいてはいかがだろうか。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト