女性の6割超がケアしている!

激白!アンダーヘアの処理方法TOP5

2015.11.25 WED

働く女子を応援!L25タイムス > 夜のヒメゴト白書


「プロにやってもらう方がきれいだから」(30歳)と、サロンや医療機関の“技術”を評価する声も多い。 写真:Kazuhiro Konta / PIXTA(ピクスタ)
かつては「海外セレブ」のものというイメージでしたが、最近では日本人モデルや芸能人の間でも、アンダーヘア脱毛を告白する人が続出しています。HKT48の指原莉乃が「モジャ原」から「ツル原」になったとテレビで発言するなど、アイドルにまで広がっているよう。では、L25世代の“アンダーヘア事情”はどうなのでしょうか? 今回は女性のアンダーヘアの処理方法について知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(調査協力:アイリサーチ)。

そもそも、アンダーヘアの処理をしているかどうか尋ねると、「ある」(66.5%)、「ない」(33.5%)との結果に。6割超の人が何らかの方法で処理を行っているようです。続いて、具体的なアンダーヘアの処理方法を尋ねてみました。

■アンダーヘア処理方法ランキングTOP5
(全6項目から当てはまるものを全て選択)
1位 自分でカミソリを使ってシェービングしている(48.1%)
2位 脱毛サロン(エステ)で脱毛(45.9%)
3位 自分でハサミでカットしている(33.1%)
4位 自分で毛抜きで抜いている(13.5%)
5位 医療脱毛でレーザー永久脱毛(7.5%)

※番外編
6位 ブラジリアンワックスサロンに通っている(2.3%)

上位はカミソリでの自己処理派とサロン(エステ)派が同程度の割合でしめる結果に。サロンでの脱毛は「永久脱毛」ではないため、並行して自己処理を行う必要があるほか、部位によってはシェービングとほかの処理方法を使い分けている人もいるでしょう。

3位の「ハサミでカット」は下着や水着を着た後、ハミ出た毛が気になる場合に行う女性が多そうです。4位の「毛抜きで抜く」は痛みが強いせいか、カミソリやハサミと比べると少数派でした。

5位以下の処理についても、プロにゆだねるとはいえどちらも比較的強い痛みを伴う施術であることから、取り入れている人が少ない印象です。まだまだ医療機関によるアンダーヘアの脱毛は一般化していない模様…。続いて、上記のアンダーヘア処理方法を選んだ理由を詳しく聞いてみました。

【自己処理をする理由】
「人に見せることが恥ずかしいから」(25歳)
「脱毛に行くとお金がかかるから」(36歳)
「近くに脱毛サロンがないから。ハサミやカミソリを使うとチクチクして嫌なので、毛先を尖らせないヒートカッターを見つけて使っている」(22歳)
「昔付き合っていた彼が、はさみでカットしてくれていたので、その習慣で別れた今は自分でしている」(37歳)

【サロン、医療機関などでプロに任せる理由】
「自分でやると怖いから」(24歳)
「自分で毛抜きで抜いていたら皮膚が赤くなったから」(24歳)
「自分でカミソリで処理したら、痒くなって大変だったことがあるから」(35歳)
「自分で短く切りすぎると、ショーツの生地から毛が突き抜けてしまうから」(23歳)
「皮膚が弱く、自己処理していたら荒れてきたのでエステに頼ることにした」(31歳)

自己処理中に失敗したり、皮膚トラブルが起きたりした人は、プロに頼るケースが少なくないようです。そこで、自己処理にまつわる失敗エピソードを聞いてみたところ、痛い体験談が集まりました。

【出血、ハミ毛……セルフ脱毛の悲劇エピソード】
「剃りすぎてツルツルにしてしまって、銭湯に行けなくなった」(25歳)
「シェービング中に皮膚を傷つけてしまって、大量出血した」(23歳)
「カミソリ処理をした次の日はパンツから針山のように毛が突き出す」(29歳)

もちろん、自分で処理をしても失敗したことがなく、コスト面でも自己処理に不満を抱いていない人の方が多い様子。ただ、女性にとって理想的なのは、皮膚を傷めずにキレイなアンダーヘアをキープした状態。自分に合うベストな処理方法を模索したいものですね。

(池田園子)

■夜のヒメゴト白書 第5回

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト