恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第263回

調査で判明「男は脈あり意識」過剰

2016.01.13 WED

恋愛に効く! 男女の心理大辞典


外見や経済力に自信がなくても、誠実さをアピールすることで、結婚も視野に入れた相手が見つかるかも。…ただし、男は過剰推定する傾向があるため、判断は慎重に (写真提供/Ushico / PIXTA)
今年こそ彼女をつくりたい! 新年を迎えて、そう胸に決意を秘める人も少なくないのでは?

しかし、決意を新たにしたからといって、急にイケメンになれるわけではないし、これまでの非モテ人生を一変させるのは簡単なことではない。せめて、心構えや戦術面で、即効性のある手はないだろうか? 心理学者の内藤誼人先生に聞いてみよう。

「魅力というのは一気に引き上げられるものではありませんが、たとえば米オークランド大学の心理学者ジャスティン・モジルスキ氏が発表しているデータは、1つの参考になるかもしれません。モジルスキ氏は複数の被験者を対象に調査を進め、人は長期的な付き合いを望むパートナーには『誠実さ』を求め、短期的な付き合いを望むパートナーには『外見』や『経済力』を求める傾向があることを実証しました。つまり、外見などに自信がない場合は、誠実さで勝負すれば、結婚まで視野に入れた素敵な相手に巡り会えるかもしれません」

誠実さはある程度、意識的に演出できる部分もあるはず。たとえば礼儀や気遣いを徹底し、常に真心のある対応を心がけることで、相手に“長くお付き合いするにはいいかも”と思ってもらえるかもしれない。

ただしその反面、男は脈の有無についての判断を誤りやすいので注意が必要だと、内藤先生は警告する。

「こちらはニュージーランドのヴィクトリア大学の心理学者、ガース・フレッチャー氏が発表したもの。フレッチャー氏は男女各50人ずつにペアを組ませて、それぞれ10分間ずつ会話させました。その後、『相手にどのくらい好意を持たれたか?』とアンケートを取り、実際に得られた好感度を比較分析したところ、男性は過剰推定、女性は過小推定する傾向が浮き彫りになったというのです」

つまり、男性の場合は“イケる”との感触を得ても、それはたいてい勘違いと心得るべき。慌てて攻め落とそうとせず、誠実な対応を徹底し、じっくり距離を縮めていくことで、良縁に恵まれることもあるかもしれない。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト