8割の女性が「つけてほしい!」

コンドームつけるか否か?世間の声

2016.02.03 WED

働く女子を応援!L25タイムス > 夜のヒメゴト白書


「私も相手もまだ子供を育てる環境にない事を自覚しているので」(25歳)と至極もっともな意見も 画像:にこまる / PIXTA(ピクスタ)
男女間はもちろん、女性同士でも話題にしづらい「コンドーム問題」。予期せぬ妊娠や病気の感染を避ける準備は最低限のマナーですが、意識の違いから最中に気まずい思いをした人もいるかもしれません。みんなはどうしているの…? そこで今回は、女性が「セックス時のコンドーム」をどう考えているのか知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(調査協力:アイリサーチ)。

まず、セックス時に、恋人がコンドームをつけているか尋ねたところ、「はい」(51.0%)、「いいえ」(20.0%)、「つけることも、つけないこともある」(29.0%)との結果に。過半数が「つけている」と回答しています。

一方で、セックス時に恋人にコンドームをつけてほしいと思うか、との問いに対して、「はい」(80.0%)、「いいえ」(20.0%)という結果が示すとおり、「コンドームをつけてほしい」というのが女性の本音なのは疑いようがありません。

では、実際にはどんな流れでつけているのか、またはどうリクエストしているのか、詳しく聞いてみました。

■セックス時、恋人はコンドームをどうつけている?
(全5項目から当てはまるものを1つ選択)
・恋人が自ら積極的につける(72.5%)
・自分が「つけて」とお願いすると素直につける(18.1%)
・自分が「つけて」とお願いするとしぶしぶつける(5.0%)
・自分がつけてあげる(3.1%)
・その他(1.3%)

上位にランクインしたのは、恋人が自分から進んでつけるケース。女性側から「つけて」と頼まなくても、自然とコンドームに手を伸ばす男性は、決して少なくないようです。1位と大差をつけていますが、2位以降は女性から「つけて」と言って初めて、コンドームをつけるケース。それぞれを選んだ理由やエピソードを詳しく聞いてみました。

【1位 恋人が自ら積極的につける】
「過去の経験上、一番まともな男性はそうしていた」(34歳)
「マナーだと考えていると言っていた」(26歳)
「絶対に妊娠したくないし、性病も怖い」(37歳)

【2位 自分が「つけて」とお願いすると素直につける】
「外で出したら大丈夫とかいう人が少なくないのに驚く。アホやなと思う。つけたがらないとかあり得ない、その時点で冷める」(35歳)
「危険日とされる日前後はつけてもらう」(37歳)
「ムードが壊れるけど、妊娠を望んでいない場合は妊娠してしまうと、それが後悔に繋がる可能性があるから」(32歳)

【3位 自分が「つけて」とお願いするとしぶしぶつける】
「しぶしぶつけるならいいけど、人によっては頑なに拒否する人もいた」(37歳)
「本当はつけたくないらしい」(25歳)
「相手によって反応は違うが、自分から進んでつけてくる人は少ない」(38歳)

【4位 自分がつけてあげる】
「つけて欲しいと言われるので、やってあげている」(29歳)
「相手が年下で初めての相手も私だったから(自分は経験済み)自然とそういう流れに。以降ずっと私が彼につけている」(23歳)

「今日は安全日だから」「気をつければ妊娠はしないだろう」などの安易な気持ちで、コンドームを嫌がる男性もいる一方、セーフセックスの観点で考えると、「つける」が正しい判断であることは間違いありません。自分の体を守るために、相手の男性を慎重に見極める目も必要といえるかもしれませんね。
(池田園子)

■夜のヒメゴト白書 第10回

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト