ガチ恋勢、要注目! 男の夢、いつか叶うのか?

「アイドルと付き合う」確率は小惑星の地球衝突と同じ

2016.04.07 THU

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > データでみる恋愛


2015年には、東京地裁が元アイドルの女性(17歳)に対し、「交際禁止という契約を破って男性ファンとホテルへ行った」として、かつての所属事務所などへ約65万円の支払いを命じた判決を出し、話題となった 写真/PIXTA
世はアイドル戦国時代。メジャーなアイドルから地下アイドルまで様々な女の子が活躍しているが、彼女たちのなかにはファンと密会したり、関係者と付き合ったりしている子もいるらしい…。そんなスキャンダルを耳にするたび「みんなの〇〇ちゃんを独り占めできるなんて!」と嫉妬してしまう。一度でいいから、ボクもそんな優越感を味わいたい!

「アイドルとの交際なんて夢のまた夢な気もしますが…。可能性はゼロではなさそうなので、調べてみましょうか」

と、統計学者の鳥越規央さん。ただのファンから特別な存在になれる可能性が少しでもあるのなら、どのくらいの確率なのか知りたいです!

「まず、日本にいるアイドルの数を調べる必要があります。世界最大のアイドルイベント『Tokyo Idol Festival』に参加しているアイドルは、2015年のデータだと154組1140人(※1)。これに参加していないAKB48、NMB48、モーニング娘。’16、ももいろクローバーZといったメジャーアイドルや、アキバアイドルフェスティバルに参加しているライブアイドル185組(※2)、さらには地方で活躍するローカルアイドルおよそ600組を加算すると、その総数は945組、人数にして6993人と推定されます」

そんなに! これだけ大勢いたら色んなタイプの美少女がいるわけで、そりゃあ“ガチ恋”に落ちてしまうこともあるよなあ。

「とはいっても、アイドルの年齢層は12~30歳まで幅広く存在します。ですので、恋愛対象としては18歳以上と仮定しましょう。18歳以上の比率はAKB48グループの年齢構成から推計すると55.2%。6993人のうち3860人は恋愛対象として話を進めると、これは18~30歳の人口871万3580人に対し0.0443%となります」

ここ数年で一気にアイドルの数が増えた気がするけれど、算出された数字はやはりこの程度…。何かのキッカケでお近づきになれれば、チャンスはあるんだろうか!?

「アイドル自身の恋愛スタンスも考慮しておきましょう。恋愛がタブーと言われるアイドルのなかで、その掟を破る子がどのくらいいるのか…。2016年元日にフジテレビで放送された『アイドルサミット』では、『アイドルだって恋愛しても良い』と考えているアイドルは55.7%(39人/70人)でした。これを踏まえると、0.0443%×55.7%=0.0247%。アイドルと付き合える確率は、ズバリ4049分の1ということになります。これは小惑星が地球に衝突する確率とほぼ同じです」

ちょっと希望が持てない数字に…。やはり「高嶺の花」なのかな。

「ちなみに、近年アイドル級の人気を誇る“声優”の場合はどうなるかも試算してみました。現在日本の女性声優は692人(※3)。これは20~40歳の女性人口1664万6823人に対して0.0042%なので、2万4000分の1。ドリームジャンボ宝くじで100万円以上当せんする確率に等しいです」

アイドルしかり声優しかり、相当な強運の持ち主じゃないかぎり夢物語に終わってしまいそうだなぁ。でも、おかげで気づけました。一般人の彼女だって“僕だけのアイドル”に変わりはないってことに!

(岡田 圭/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト