恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第281回

男が「彼女自慢」をほどほどに控えた方がいい理由

2016.05.16 MON

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > 恋愛に効く! 男女の心理大辞典


心理学者の統計調査によって、男は恋人のことを周囲より高く評価し、女は低く評価する傾向が明らかになった(写真提供/マハロ / PIXTA)
もし、「自分にはもったいない!」と思えるほどレベルの高い恋人ができたら、誰しも周囲に自慢したい気持ちが湧くに違いない。相手がシングルであれば、ちょっとイヤミになってしまうかもしれないが、最初のうちはそれもご愛嬌。親しい友人や知人に恋人を紹介するのは義理でもあるし、ただ祝福されるだけでなく、優越感に浸りたいのだ。

「見せびらかしたいほど恋人に満足するのは何よりですが、男性の場合はたいてい、自分が思っているほど周囲は彼女を評価してくれないものです。彼女の魅力をわかってもらおうとしても、伝わらないことの方が多いですから、あまり1人で盛り上がりすぎるのも考えものですよ」

そう忠告するのは、心理学者の内藤誼人先生だ。たしかに恋は盲目…というけれど、それは男女とも同じなのでは?

「米ミシガン州立大学の心理学者リチャード・ハーニッシュ氏が、興味深いデータを発表しているんです。ハーニッシュ氏は恋人のいる大学生男女を集め、それぞれにパートナーの魅力を採点させました。その結果、男性は総じて自分の恋人に高い得点をあたえる傾向が見られたのに対し、女性は逆に、恋人に低い点数をつける傾向が表れたそうなのです。ハーニッシュ氏はこの結果をさらに分析し、男性は恋人を過大評価する性質があると論じています」

女性の場合は恋人を見る目が厳しいため、周囲に彼氏をお披露目した際には、自身が思っているより好評価を得られる可能性が高い。しかし男性の場合は、自分の恋人に対する評価基準が甘いのだ。「男性に限っては、自分の恋人は、自分が思っているほど他人には評価されていないのだと、心のどこかに留めておくのが無難でしょう」と内藤先生は語る。

かわいい彼女ができたとはしゃぐのは微笑ましいが、知らず知らずのうちに周囲をシラケさせてしまっているかもしれないのでご注意を。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト