恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第282回

「TV好きは恋人に満足できない」実証!?

2016.05.23 MON

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > 恋愛に効く! 男女の心理大辞典


テレビをよく見る人ほど、恋人への恋愛感情が乏しいことが判明。これはどうやら、恋愛ドラマの影響のようだ(写真提供/xiangtao / PIXTA)
合コンなどで出会った女性たちと話していると、流行りのテレビ番組の話題が挙がることは珍しくない。しかし、あまりテレビを見る習慣のない筆者は、会話についていけず取り残されてしまうこともしばしば。

日頃、情報源をネットに頼りがちという人は少なくないと思うが、女性たちとのコミュニケーション手段とわりきって、人気ドラマくらいはチェックしておくべきだろうか…。

「話題が豊富なのはいいことです。しかし、テレビ番組を好む人ほど、恋人に満足していない傾向があるという心理学的なデータがあるので、パートナー選びの際には注意したいですね」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これはいったいどういうことか?

「イスラエルのアリエル大学の心理学者、アビラ・レイザー氏が188人の成人男女を対象に、次のような調査を行っているんです。レイザー氏はまず、被験者が日頃接する頻度の高いメディアについて調査しました。具体的にはテレビ、インターネット、本。さらに被験者それぞれの恋人に対する恋愛感情の強さを調査したところ、テレビを好む人ほど、恋人への恋愛感情が乏しいことが判明したそうなのです」

つまり、テレビの話で盛り上がったとしても、恋愛感情が盛り上がるわけではないということだ。それにしても、なぜテレビはそんな影響を巻き起こすのだろう?

「この実験ではさらに、テレビをよく見ると答えた人を対象に、“どんな番組を好むか”を追加調査しています。その結果、恋愛ドラマを好む人ほど、恋人への愛情が乏しく、さらに口論する頻度も多いことがわかりました。このデータからレイザー氏は、テレビは視覚効果の高さから、架空の恋愛ストーリーに視聴者を引き込みすぎてしまうため、現実の恋愛に物足りなさを感じてしまう人が多いのではないかと考察しています」

さすがに、恋愛ドラマの世界と比較されては太刀打ちできない。意中の相手がテレビっ子なら、覚悟して臨まなければならないのかも…。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト