ひとり身なら毎日やってくるあのシーンが1位!

独身男が「結婚したい」と思う瞬間TOP10

2016.06.05 SUN

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「賑やかで温かい感じがするから」(33歳)、「うらやましい」(29歳)など、「幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき」への羨望のコメント多数。楽しそうな家族、いいですよね~ 写真/ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)
6月に入り、世間は「ジューンブライド」と呼ばれる時期に突入。梅雨と重なる日本では、それほど結婚式のイメージが強くはないが、時折、花婿や花嫁を見かけたりすると「俺も結婚したいな」なんて思うこともあるかもしれない。男には、そんな結婚したくなる時が訪れるものだろう。20~30代の未婚男性社会人は、どんなシーンに遭遇したときに「結婚したい」と思うのだろうか。アンケート調査を行った。

●独身男がふと「結婚したいな」と思う瞬間TOP10

(16の項目から1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptに換算して計算。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 誰もいない家(部屋)に帰って孤独を感じたとき 181pt
2位 風邪をひいて一人で寝込んでいるとき 169pt
3位 幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき 165pt
4位 老後の生活を考えたとき 110pt
5位 友だちが結婚した/友だちの結婚式に出たとき 107pt
6位 子供がほしくなったとき 101pt
7位 仕事で疲れたとき 79pt
8位 親の“老い”を感じたとき 48pt
9位 長い期間、Hをしていないとき 46pt
10位 休日、誰とも話をしなかったとき 44pt

※番外
11位 仕事を辞めたくなった/嫌になったとき 33pt
12位 自分の肉体に衰えを感じたとき 28pt

1位は「誰もいない家(部屋)に帰って孤独を感じたとき」。夜、家に帰って、玄関で電気をつけながら「ただいま…」なんてつぶやいたとき、独身男は最も結婚を意識するということのようだ。毎日やってくることでもあるので、やはり印象が深いのだろう。

ほか、2位は「風邪をひいて一人で寝込んでいるとき」、3位は「幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき」と続いた。それぞれの項目について、コメントを見ていこう。

【1位 誰もいない家(部屋)に帰って孤独を感じたとき】
「ずっと一人は嫌だなと思うから」(25歳)
「誰もいない真っ暗な家に帰宅するのは寂しいと感じる」(28歳)
「出迎えてほしいから」(32歳)
「ネタになりそうな話題があっても、話し相手がいないとふと感じる」(34歳)
「急に静かになると寂しくなる」(35歳)
「ただいまや行ってきますといっても誰も返事が無いから」(36歳)

【2位 風邪をひいて一人で寝込んでいるとき】
「気が弱くなるので、看病してほしい」(25歳)
「心細くなるから」(29歳)
「動けない時にご飯を作ってほしいと思った時」(31歳)
「看病してほしいと思うから」(33歳)
「心身ともに弱っていると温もりがほしいので」(39歳)
「体が動けない時に食事など困ることがあるから」(39歳)

【3位 幸せそうな夫婦や家族を目にしたとき】
「自分も同じような家族を持ちたいと思う」(27歳)
「自分にはない輝きを放っていてうらやましくなるから」(28歳)
「賑やかで温かい感じがするから」(33歳)
「ふと、人と交流していない自分に気が付き、孤独感を感じるから」(35歳)
「やはり間接的な刺激が一番くる」(35歳)
「同世代の人を見ると自分と重ねあわせたりしてしまう」(39歳)

【4位 老後の生活を考えたとき】
「1人で生きられるとは思えないから」(24歳)
「自分の介護はどうするのか不安になる」(28歳)
「老後の独り身は辛いと思うから」(29歳)
「誰が最期を看取ってくれるのか不安になるから」(33歳)
「孤独死は避けたいので」(39歳)

【5位 友だちが結婚した/友だちの結婚式に出たとき】
「幸せそうで自分も幸せになりたい」(25歳)
「そのうち、周りがみんな結婚して、休日も子供と遊ぶようになれば、自分は1人ぼっちになる」(26歳)
「結婚式が一番、幸せそうに感じたから」(31歳)
「自分だけが社会から取り残されているような気持ちになったから」(32歳)
「周りの友人知人が結婚していって話題についていけなくなってきていると思ったとき」(33歳)

【6位 子供がほしくなったとき】
「子供みてて可愛いなと思う」(25歳)
「楽しそう」(32歳)
「親が求めている」(34歳)
「生物の本能として遺伝子を残したいから」(38歳)

【7位 仕事で疲れたとき】
「疲れると癒やされたいと思うから。生活にハリが出ると思うから」(29歳)
「仕事で疲れて帰宅してもねぎらいや共感してくれる人が誰もいなく寂しく感じるから」(30歳)
「疲れているときは助けてほしいと思う」(38歳)

【8位 親の“老い”を感じたとき】
「孫の顔を見せたい」(34歳)
「両親に申し訳が立たない。安心させたい」(35歳)
「親に心配されるから」(39歳)

【9位 長い期間、Hをしていないとき】
「すごくさみしい」(26歳)
「そういう気分になるから」(36歳)
「結婚以前の問題ですがやはり溜まっている時は考えてしまいます」(39歳)

【10位 休日、誰とも話をしなかったとき】
「孤独を感じる」(26歳)
「一人で何してんだろうと思う」(30歳)
「休みが不規則なので出かける先も無いとき」(39歳)

20~30代男性の切実な現実が明らかになった。結婚に積極的ではない男性が増えている…なんて報道を見かけることもあるが、実際には、「俺も結婚したい」と感じることは多いようだ。相手探しから始める必要はあるものの、結婚したいと思った時がベストタイミング、と信じて、気になるあの子にアタックしてみるのもいいかもしれない。

(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト