35歳では52% 気ままな独身もいいけれど

30歳未婚男性「ずっと結婚できない確率」は4割

2016.06.09 THU

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > データでみる恋愛


20代後半から激増する「友人の結婚式」。いつかは僕もご祝儀をもらう側になりたい! と思いつつ今日も“余興の練習”に励む… 写真/PIXTA
昔は“男は結婚してはじめて一人前”なんて言われたもの。しかし今やその価値観はずいぶんと変わり、適齢期を過ぎても独身街道をひた走る“ソロ男”なんて言葉も誕生している。かくいう僕も、結婚どころか彼女すらいない身。ラクっちゃラクだけど、「このまま生涯、独身かも?」と思うと、やっぱりどこかで焦りも感じることも…。

「50歳時点で一度も結婚したことがない人の比率である“生涯未婚率”は、男性が20.1%、女性が10.6%と言われています(※1)。この数値は今後ますます上昇することが予想され、“いつかは結婚できるだろう”と思っていても、歳をとるほどその可能性が狭まることは避けられません」

そう語るのは、統計学者の鳥越規央さん。つまり今のうちに本腰を入れて婚活しないとってことですよね…。具体的には、何歳頃になると一生独身の可能性が高まってしまうんでしょうか?

「そうですね…では、年齢ごとに“結婚できない確率”は何%なのかを、すべて割り出してみましょう。まず、平成22年国勢調査(※1)によると、年齢別の男性の“現在の未婚率”は以下のようになります。

25歳 80.62%
26歳 74.99%
27歳 69.18%
28歳 63.52%
29歳 58.31%
30歳 53.25%
31歳 48.93%
32歳 45.67%
33歳 42.85%
34歳 40.33%
35歳 38.01%

40歳 30.50%

未婚率は2000年代頃から急上昇し、その後も上昇傾向にありますが、ここではその数値がしばらく変動しないという仮説のもと、各年代の“生涯未婚率”を求めてみます。方法はシンプルです。25歳の未婚率が80.62%で、生涯未婚率が20.1%なので、25歳で未婚の人が生涯(50歳まで)未婚のままである確率は、20.1/80.62=24.93% となります。同様に、26歳の場合は20.1/74.99=26.81%。よって、年齢ごとの男性の“結婚できない確率”は、以下のようになります。

25歳 24.93%
26歳 26.81%
27歳 29.05%
28歳 31.64%
29歳 34.47%
30歳 37.75%
31歳 41.08%
32歳 44.01%
33歳 46.90%
34歳 49.84%
35歳 52.89%

40歳 65.89%

30歳で未婚でも、まだおよそ6割の確率で結婚できるのに対し、40歳で未婚となると3割5分の確率でしか結婚できなくなります。自分の年齢によっては、覚悟しておいたほうがいいのかもしれません」

ちょうど仕事で脂が乗ってくる30オトコ世代。つい仕事に没頭しがちだけど、恋愛も両立させなければ…。これからはひとつ歳をとるたびに、この年齢表を思い出すことにしよう。

(岡田 圭/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト