「多忙」「女職場」「男性と接触機会が多い」の声

攻撃型の「肉食女子」、どの職業が一番多い?

2016.07.18 MON

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


肉食女子に狙われたいか、逆に女性を追いかけたいか…あなたはどっち?
写真:xiangtao / PIXTA(ピクスタ)
恋愛に消極的な「草食系」が多くなったといわれる、現代の若い男性。一方、積極的な「肉食女子」が注目されることも多い。僭越ではあるが、ちょっと狙われてみたい…と思うのも男の密かな希望ではあるのだ。では、そんな肉食女子はどんな職業に多いと思う? 20~30代の独身社会人男性200人に、「肉食女子が多そうな職業」をアンケートで聞いてみた。

●肉食女子が多そうな職業TOP10

(19項目のなかから、上位3位まで選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 看護師 274pt
2位 キャビンアテンダント(スチュワーデス) 160pt
3位 モデル・女優 125pt
4位 保母・保育士 82pt
5位 アパレルの販売員 68pt
6位 医師(女医) 66pt
7位 アナウンサー 65pt
8位 教師 55pt
9位 マッサージ師・エステティシャン 50pt
10位 経営者 46pt

※番外
11位 保険の営業 43pt
12位 美容師 42pt

「看護師」が票を集め頭一つ抜き出たほか、「キャビンアテンダント」「モデル・女優」も100pt超を集めた。トップ2は同じ職業の男性が少ないことが共通していそうだが、それ以下にランクインした職業も含めて、男性陣はなぜこれらの職業に「肉食」のイメージを持っているのか。それぞれに対するコメントを見てみよう。

【1位 看護師 274pt】
「日々の業務で多忙なので少しの合間でも食いついてきそう」(25歳)
「男性患者との接触機会が多いから」(30歳)
「女職場なので、出会いには積極的っぽい」(31歳)

【2位 キャビンアテンダント(スチュワーデス) 160pt】
「プライドがあってグイグイきそうだから」(25歳)
「活発なイメージ」(38歳)
「自分たちの価値を考えていそうなので」(39歳)

【3位 モデル・女優 125pt】
「自分に自信のある女が多そうだから」(28歳)
「我が強そう」(28歳)
「やはりチヤホヤされるから」(35歳)

【4位 保母・保育士 82pt】
「出会いがないから」(38歳)

【5位 アパレルの販売員 68pt】
「一部だろうけど、いかにもな人がいる」(37歳)

【6位 医師(女医) 66pt】
「ドラマとかでそういうイメージがついた」(26歳)
「気が強そうな感じがする」(38歳)

【7位 アナウンサー 65pt】
「計算高そうだから」(29歳)
「スポーツ選手と結婚するパターンが多いように感じる」(36歳)

【8位 教師 55pt】
「普段の鬱憤が過ごそう」(25歳)
「合コンの時などのハメ外し具合。ストレスが多いのだと感じた」(35歳)

【9位 マッサージ師・エステティシャン 50pt】
「フィジカルコンタクトが多いから」(38歳)

【10位 経営者 46pt】
「戦略を持ってそう」(28歳)
「バイタリティー溢れる人が多いと思うので」(39歳)

想像から実体験まで様々なコメントが挙がったものの、実際、女性もどんな相手にもグイグイいくというわけではないのは当然のこと。つまり、狙われるためには待つだけでなく、“いい獲物”にならないといけないってことですね…。

(吉田良雄)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト