「自分は選ぶ側」「そこまでして結婚したくない」

婚活女子を一刀両断ブログ ネットで男女共感

2016.07.21 THU

噂のネット事件簿


「いい男がいない」などの受け身な姿勢も厳しく批判する
晩婚化が進み、未婚率がどんどん上昇する一方で、多くの人が勤しんでいるのが「婚活」。そんななか、「婚活をしているのに結婚できない女子」が陥りがちな落とし穴を見事に指摘したブログ記事が登場し、婚活中の男女からため息が漏れている。

ブログを記したのは、「婚活話を聞きまくっている」というアラサーOLだ。ブログ主は「次に付き合う人とは結婚したい」「相手に求める年収レンジは最低600万。でも本音は800万超を望んでいる」「コミュ力が高い人じゃないと無理」「理系とは合わない」といった希望を持つ知人から受けた恋愛相談の様子をつづっている。

この仮称「女王様」についてブログ主は、「(発言や、結婚相手への希望に)データなどのエビデンスはなく、自分が『そう思ったから』という感覚値に基づいている」「客観性がない」と一刀両断。さらに「自分を客観視しようとしないから自分の問題が見えず、人の話を聞く素直さもない」「こういう自称『頑固』『プライドが高い』人の周りに最後に残るのは『詐欺の人』だけ」と、断じている。

この記事がネット上で大反響。ツイッターには、

「盛大かつ壮大なブーメラン。これ婚活以外でもそうだよなぁ…そういう人いるよなぁ…」
「同意。自分の考えている世界がどれほどちっぽけなものか想像できていない、井戸の中の蛙」
「世にどれだけいるのか分かりませんが、私の周りには男女問わず確かにいますね。。。」
「相談者は私の友だちかと思ったくらいのデジャブ感」
「これ、結婚以外にもいろいろ当てはまるよなww」

といった感想が寄せられており、

「自分もかんがえさせられるなぁ」
「死にたい読むと死にたくなる」
「これはかなり耳が痛い」
「そうだよな…。選ぶ立場ではないのはわかっている。素直になろう!(笑)」

など、大いに“当事者”の参考になったようだ。

なおブログ主は、婚活について「素直最強」と結論づけている。やっぱり人間、素直が一番?
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト