男女400人「一番NGなのは〇〇!」

恋人とのHでされたらイヤなこと…男女差は?

2016.08.29 MON

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


相手の気持ちを慮ることが、床上手への道と言えそう!? そうはいっても、なかなか難しいもの…
画像協力:SAMURAI / PIXTA
ラブラブで体を重ねたのちに早々に彼氏が眠りについてしまい、彼女は憤まんやるかたなし…なんてシチュエーションはよく聞く話だ。これはひとえに、ベッドで男女が重視するものに“差”があるからにほかならない。そこで、恋人との性行為について、ベッドの上でされたらイヤなことはどんなものなのか? 25〜34歳の男女各200人に調査を試みた!(R25調べ、協力/アイリサーチ。※全17項目から上位3位まで選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

【男性がラブラブエッチでされたらイヤなことTOP10】


1位「写真や動画を撮ること」118pt
2位「行為後にすぐ寝ること」114pt
3位「ごくたまにしかしないこと」88pt
4位「行為に時間を掛けないこと」50pt
5位「自分本位の行為をされること」39pt
6位「相手だけ気持ちよくなってしまうこと」32pt
7位「行為に時間を掛けること」20pt
8位「道具などを使うこと」19pt
9位「過激な行為をすること」18pt
10位「頻繁にすること」14pt

※番外「されたらイヤなことは特にない」339pt

【女性がラブラブエッチでされたらイヤなことTOP10】


1位「写真や動画を撮ること」221pt
2位「自分本位の行為をされること」152pt
3位「行為後にすぐ寝ること」103pt
4位「過激な行為をすること」66pt
5位「道具などを使うこと」60pt
6位「相手だけ気持ちよくなってしまうこと」59pt
7位「電気を付けてすること」51pt
8位「行為に時間を掛けないこと」46pt
9位「行為に時間を掛けること」32pt
10位「自分がリードすること」28pt

※番外「されたらイヤなことは特にない」24pt

男女ともに「写真や動画を撮ること」が1位に。そして「行為後にすぐ寝る」を嫌がるのは、意外にも男性の方が多いようだ。女性としてはそんなことより、「自分本位の行為」の方に拒否感があることがわかる。では男女差が大きかった順に、それぞれのコメントを見ていこう

【男女差1位「自分本位の行為をされること」女性が113pt多い】
「コミュニケーションの一環であってほしいから」(女性・34歳)
「2人でする行為なので、自分だけが気持ちよかったり楽しんだりするのは違うと思う」(女性・29歳)
「こちらの状態や反応を気にせず自分だけのペースで事を進め、終わらせる行為。 私の勝手な持論ですが、エッチが上手い下手というのは相手を思いやった行動がとれるかどうかだと思う。 気持ちいいと感じる部分や行為は人それぞれなのに、『こうすれば女は気持ちいい』と決めつけて行為を進める男は 相手を気遣ってないので下手くそだと思う。 そういう男に限って『俺ってプロ並みに上手い』とか勘違いしてる」(女性・31歳)
「お互いのことを考えてしたい」(男性・31歳)

【男女差2位「写真や動画を撮ること」女性が103pt多い】
「されたことはないが、リベンジポルノの話も聞くので絶対にされたくない」(女性・25歳)
「している最中はこちらに集中してほしいので、撮影のほうに夢中になられたら嫌だから」(女性・26歳)
「撮ってどうするのかと。リベンジポルノを連想させる」(男性・30歳)
「デリカシーや流出の配慮をしていない」(男性・27歳)

【男女差3位「ごくたまにしかしないこと」男性が67pt多い】
「そんな状態になったらすでに破綻している」(男性・29歳)
「あまりしないとなぜしないのか、離れていくのかといった疑問が起こる」(男性・31歳)
「不安になるから」(女性・27歳)

【男女差4位「過激な行為をすること」女性が48pt多い】
「全然好きじゃない。 自然なままのノーマルな感じが一番いい」(女性・31歳)
「愛情を感じない」(女性・34歳)
「いろいろとしんどいから」(男性・28歳)

男女ともに1位になった「写真や動画を撮ること」については、女性側のほうがより強い拒否感を抱いていることも見えてきた。そもそも、「されたらイヤなことは特にない」は男性のほうが315ptと圧倒的に多く、行為に対して実におおらかなご様子。対して同様の思いを抱く女性はごくわずか。このように、ベッドの上における気持ちの男女差は実に顕著。せっかく体を重ねるのだから、心も重ねたいものだ。

(吉々是良)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト