「嫁姑問題」とはよく聞くけれど…

夫の6割「妻は姑と仲がいい」 実際はどうなの!?

2016.09.13 TUE

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「(妻と自分の母親が)お互いに苦手だと思っている」と答えた夫にその理由を尋ねたところ、「気を遣いまくっている」(37歳)という声も
写真:わたなべ りょう/PIXTA(ピクスタ)
一昔前のドラマではよく見かけた「嫁姑のバトル」。以前『R25』で、30~40代の既婚女性112人に「夫の家族に好かれていると思うか?」という調査を行ったところ、4割以上の妻が「好かれていないと思う」と答える結果に。とはいえ、筆者の周りでは「母親と妻が2人でよく遊びに行く」なんて既婚男性の声を聞いたりもする。時代の流れとともに、嫁姑事情は変わってきているのだろうか? それとも単に夫が「嫁姑」バトルに気づいていないだけ? 20~30代の子供のいない既婚男女300人(各150人)にアンケート調査を実施した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■妻は、自分の母親とうまく付き合っていると思いますか?


・仲が良いと思う 63.3%
・(どちらから片方が)苦手意識を持っている気がする 12.7%
・お互いに苦手に思っていると思う 11.3%
・母親が鬼籍に入っている/妻と母親を会わせたことがない 8.0%
・その他 4.7%

予想どおり、20~30代の夫の半数以上は妻と自分の母親は「仲が良い」とほほえましく感じているもよう。ちなみにどんな時に「仲の良さ」を感じるかも併せて聞いたところ、

「私がいない状況で一緒にマラソンや余暇を過ごしたりすることがある」(34歳)
「自分抜きで旅行に行くほどの仲だから」(37歳)
「普段からメールでやり取りを頻繁に行っているようだから」(26歳)
「うちの母さんと一緒にショッピングとか行っているから」(28歳)

など、一緒に遊びに出かけたり、メールでしょっちゅうやり取りをしていたりする点を「仲が良い」と思う理由として挙げる男性が多かった。また、

「付かず離れずでうまくやっている」(39歳)
「定期的に(母が)料理関係の材料を送ってくれているから」(28歳)
「(母が)色々と食べ物を送ってくれるが、奥さんが気を遣うからと家まで訪ねてこない」(27歳)

と、友だちのような関係とまではいかずとも、適度な距離を保ちつつお互いに気を遣いあう姿から、妻と自分の母親との良好な関係を感じ取っている男性も多いようだ。そんな夫の推測は当たっているのか。気になる当の妻の意見は…。

■あなたは夫の母親(姑)と仲が良いですか?


・仲が良いと思う 61.3%
・苦手だが仕方なく付き合っている 27.3%
・姑と会ったことがない、姑がいない 11.3%

夫とほとんど感覚は違わず、夫の母親と「仲が良いと思う」と感じている妻は全体の6割以上! 一昔前のドラマの印象ほどは、「嫁姑」関係は悪くはないようだ。これは、時代の流れなのか、それとも今回の調査の対象を「子どもがいない」夫婦に限定したからなのか…。何はともあれ、違う環境で育った2人とその親とが“家族”になったのだから、その違いを理解しつつ、良好な関係を築いていきたいものだ。
(藤あまね)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト