女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

合コンで聞かれたくない話題って?

2016.09.21 WED


合コンで下品なネタはNG!
画像提供/セキララ★ゼクシィ
合コンは出会いの場。「彼氏いるの?」「年はいくつ?」とか聞きたい男性の気持ちもわかるけど、恋愛歴など答えにくい質問もあったりしますよね。
そこで実際に合コンで聞かれて嫌な思いをした体験談や話題について、20~30代の女性にアンケートしてみました。

■女性が合コンで聞かれたくないネタ1位は下ネタ

まずは合コンで聞かれたくないネタのランキングから!

1位:下ネタ
1位:年収・貯蓄額
3位:恋愛経験
4位:職業・仕事内容・勤務先企業
4位:自宅最寄駅
6位:学歴
6位:年齢

※複数選択

どれも初対面ではどう返していいかわからなかったり、合コンの場では言いにくいといった理由が多くありました。

■合コンで聞かれて嫌な思いをしたことは?

実際に合コンの場で聞かれて不愉快な思いをしたことも聞いてみました。

●「過去の恋愛経験を聞かれて、3人付き合ったことがあるといったら引かれた。じゃぁ聞くなよ!!(しかも3人は普通だ!!)」(36歳)
●「過去の付き合った人数を聞かれ、少ないね~とか言われた」(28歳)
●「その服、どこのブランド?って聞いてきて、結局は自分の着てるもの自慢された。私はファストファッションの安い服で恥かいた感じになりました」(28歳)
●「年齢を聞かれ、女性陣の中で一番年上とわかった途端に、あまり話し掛けられなくなった」(31歳)
●「胸のサイズを聞かれて、本当~?と胸を触られた」(26歳)

過去の恋愛経験や下ネタ、自分の自慢につながるような話題など、そんなこと聞かないでほしいという話が多く、ここで紹介しきれないのが残念…。

■聞かれたくない話題をバッサリ切り返すには?

合コンの場で聞かれたくない話題を振られたときに、その場の雰囲気を壊すことなくバッサリ断ち切るテクニックを、合コン事情に詳しい女豹(めひょう)ライター・島田佳奈さんに聞いてみました。

まずは「彼氏いるの?」「今まで何人付き合ったことあるの?」「初体験いつ?」といったぶしつけな質問に対するかわし方を教えてください。

「ムッとしたら場の空気が悪くなるし、かといって嫌なことに答える必要もないですよね。ここはやんわりと『もう忘れちゃいましたー』『ノーコメントです』『1回パス!』と言って逃げるのが賢明です。あくまでも笑顔で、少し大きめの声で明るく答えるのもポイント。周りに『何? どうしたの?』と聞かれたら『今ね、○○って質問されたの』と言って周囲まで巻き込めば、相手もそれ以上突っ込んだ質問ができなくなります」

年齢やバリキャリな仕事で引かれたり、服装やブランド物のバッグなどで無駄遣いする女と決め付けられたりした場合、どのように相手の先入観を払拭(ふっしょく)できるでしょうか。

「年上やバリキャリに引くのは、女子の方がスペック高い証拠。ここは一つ、いい女の余裕を見せつけましょう。『私もう若くないから』などと自虐に走るのはNGです。自立した大人だから男子に頼らずパートナーシップを築ける、キャリアがあるから仕事の大変さを理解できる、(ブランドではなく)長く使えるいい品を大切にする……そんな女子の魅力に気付けるのが「いい男」だと、にこやかに教えてあげましょう(笑)」

下ネタや自慢話ばかりしてくる男性に対して、さりげなく詰まらないとか迷惑であることを伝えるテクニックはありますか?

「詰まらなければ『30点!不合格!』と明るく採点を。しつこい下ネタ男子には『なんかオッサンっぽいよね。ウチの会社のセクハラ上司に似てる』と明るく嫌みを。もちろん上司は架空でOK。自慢話はむしろ『すごーい!』と持ち上げて。あげく『で、それって何がすごいの?』と無知なフリして他の男子にバトンを渡せば、きっと助け舟を出してくれるはずです」

島田さんいわく、男同士でも自慢ばかりするやつに対しては内心「いいかげんにしろ」と思っているので、友人の男子にツッコませればてんぐの鼻をへし折らず抑え込むことができるのだとか。さっそく次回の合コンで使ってみてくださいね!


【取材協力】
島田 佳奈さん
作家、女豹ライター、AllAbout恋愛ガイド。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴の後、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』、『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』、『運がよくなるお引越し』、『女豹本!』、『コントラスト』他著作多数。新刊に『腐らず、枯れず、咲き誇れ!アラフォー独女の生きる道』(双葉社)がある。


【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2016/6/27~7/11
有効回答数:128人

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト