理想のタイプじゃないけど付き合ってる人多数!

「理想のタイプ」と「現実の恋人」、一致してる?

2016.09.25 SUN

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


理想のタイプに執着しすぎないことが、よりよい恋愛をする秘訣といえる?
写真:ふじよ / PIXTA(ピクスタ)
誰しも「理想の異性のタイプ」があるはず。しかし、20~30代の独身会社員男女400人(男女各200人)に「実際に付き合う恋人は、理想のタイプ?」と聞いたところ、「理想のタイプと現在の恋人に異なる点はない」と答えたのは、男性27.0%、女性12.5%だった(R25調べ/協力:アイリサーチ)。多くの男女が実際に付き合う人と、「理想のタイプ」は完全に一致してはいないようだ。

では、理想のタイプと何が違うのだろう? まずは男性200人に、「理想の彼女」と「現実の彼女」で異なるポイントと、具体的にどのように違うのかを聞いた。

〈「理想のタイプ」と実際の彼女が異なるポイントは?〉

※異なるポイントをすべて選択

1位 顔 35.5%
2位 性格 24.5%
3位 体型 22.0%
4位 ファッションセンス 14.5%
5位 身長 14.0%
6位 趣味や特技 13.0%
7位 性欲の強さやセックスのテクニック 12.5%
8位 声質 11.5%
9位 食事やお酒の好み 10.5%
10位 休日の過ごし方 10.0%

【1位 顔】
「理想は美人系。現実はかわいい系」(27歳)
「二重が良かったが、恋人は一重」(31歳)
「理想は美人。現実は不美人」(33歳)

【2位 性格】
「理想は大人しいタイプ。彼女は積極的で明るい」(33歳)
「おしとやかな人が好きだが、彼女はきつい性格」(31歳)
「清楚でおとなしく優しさにみちあふれる人がタイプ。彼女はぶっきらぼうで愛想がない」(27歳)

【3位 体型】
「バストが大きい方がいいのに、彼女はペチャパイ」(28歳)
「少しだけ肉付きのある方がいい。彼女は痩せてた」(27歳)
「理想はグラマラス。彼女は太っている」(30歳)

【4位 ファッションセンス】
「理想はカジュアルな感じ。彼女はガーリーな感じ」(26歳)
「スカートの似合う女性が好きだが、彼女はジーンズばかりはいている」(34歳)

【5位 身長】
「自分より低い身長が理想。彼女は自分より高かった」(28歳)
「高身長が好きなのに、彼女は155cm位だった」(39歳)

ランキング5位まで、2位の【性格】以外すべてルックスに関するポイントだ。特に1位の【顔】は全体の3割以上が「理想とは違う」と回答。やはり自分が理想とする美人と出会い、付き合うに至るのは難しい?

一方、女性陣の「理想と現実」は?

〈「理想のタイプ」に彼氏が当てはまらないところは?〉

※異なるポイントをすべて選択

1位 顔 43.5%
2位 身長 31.5%
3位 ファッションセンス 26.5%
4位 収入 26.0%
5位 体型 24.0%
6位 性格 22.5%
7位 性欲の強さやセックスのテクニック 20.5%
8位 趣味や特技 19.0%
8位 休日の過ごし方 19.0%
10位 学歴 14.5%

【1位 顔】
「王子様のような爽やかな顔立ちがタイプなのに、彼氏はゴリラ顔」(26歳)
「理想はジャニーズ系。彼氏は普通のおじさん」(36歳)
「彫りの深い濃い顔が好きだけど、彼氏はしょうゆ顔のあっさりした顔立ち」(33歳)

【2位 身長】
「身長は高い方がいいけど、彼氏は自分と変わらない」(27歳)
「自分よりも背が高い人が理想。彼氏は自分よりも背が低かった」(28歳)
「180くらいあればと思う。現実は170くらい」(34歳)

【3位 ファッションセンス】
「特別おしゃれじゃなくてもいいが、度を越してださかった」(36歳)
「自分なりのこだわりのファッションセンスを持っていてほしいのに、いつも同じ服装でファッションセンスなし」(34歳)

【4位 収入】
「理想は専業主婦になれるくらいの収入。現実は共働きでないと生活が成り立たない」(30歳)
「理想は1000万以上。彼氏は年収400万くらい」(34歳)

【5位 体型】
「すらっとした細身がタイプ。彼氏は100kg超え」(26歳)
「理想は細マッチョ。彼氏はぽっちゃり」(30歳)

男性と同じく、ランキング上位はほとんどがルックスについてだが、男性側では圏外だった【収入】が4位にランクイン。2015年の国税庁の調査によれば、年収1000万円以上の男性は6.6%とごくわずか。高収入の男性が理想としていても、妥協している女性は多そう。

理想と現実の違いが明らかになった今回の調査。しかし、彼らが不幸かどうかは別問題。「タイプではない異性をなぜか好きになった」――そんな恋愛を経験した人は多いだろう。これはひとえに、理想とのズレを補って余りある魅力を恋人に感じているからに違いない。これから出会いを求める人は、理想とは違うから…とすぐに手を引かないことが大切だろう。

(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト