恋愛に効く! 男女の心理大辞典 第300回!

嘘発見器で判明!経験人数、男は約1人水増し、女は…

2016.09.26 MON

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > 恋愛に効く! 男女の心理大辞典


過去の経験人数を聞かれた時、男性は多めに、女性は少なめに答える傾向があることが判明した
写真提供:Wisky / PIXTA(ピクスタ)
非常に下世話な話ではあるが、合コンなどでお酒が進んでくると、「初体験はいつ?」とか「これまでの経験人数は?」などと、シモの話題で盛り上がることがある。

たいてい女性にはさらりとかわされてお終いだが、男というのはこうしたデータに強い関心を持っているもの。もし初体験が極端に早かったり、思いのほか経験人数が多かったりすると躊躇する男性も少なからずいるからだ。

「男女が集まるお酒の席では、そうした話題で盛り上がることも多いでしょう。ただ、もし相手がノリよく答えてくれたとしても、自己申告される数字を鵜呑みにはできませんよ。過去の経験人数に関して、男性は多めに、女性は少なめに答える傾向があることが、心理学的な調査で明らかにされていますから」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生である。これには次のような裏付けがあるという。

「米オハイオ州立大学の心理学者テリー・フィッシャー氏が、大学生の男女を対象に『あなたがこれまでにセックスをした人数は?』とヒアリング調査を実施したところ、男性は平均2.85人、女性は2.70人というデータが得られました。そこで今度は、ダミーの嘘発見器を用いて、同じ調査を実施。すると、男性の回答が平均1.96人に減ったのに対し、女性は3.35人に増加したそうなのです」

内藤先生によれば、これは「ボーガスパイプライン」と呼ばれる心理学の手法で、偽物の嘘発見器をちらつかせることで、より正確な胸の内を聞き出すテクニックなのだそう。

「つまり経験人数については、男性は平均0.89人多めの数字を出して見栄を張る傾向があり、女性は逆に、平均0.65人少なく申告してサバを読む傾向が確認されたことになります」

そのため、もし女性が経験人数を答えてくれたとしても、実際はそれ以上であると心得ておくのが無難ということだ。もっとも、大切なのは過去より今だから、こんな話題で盛り上がれるほど親しくなれたなら、じっくりと関係を育むのがいいかもしれないが。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト