スキンシップの多さも“レス”を招く…

夫婦仲が良くても6割セックスレス!効果的な対策は?

2016.11.01 TUE


「夫が妻に月一度お菓子を買って帰るだけでも思いやりは伝わる」と二松さん。気遣い夫婦はレスになりにくい
写真:xiangtao/PIXTA(ピクスタ)
セックスレス大国・日本――。いつからか、こんな不名誉な“称号”が定着しているのをご存じだろうか。事実、Durex社(コンドーム販売)の2005年の調査によると、日本人の年間の性交の回数は45回で、調査対象となった41カ国中最低だった。

とはいえ、将来の伴侶とセックスレスにはなりたくはない。ならば、普段から会話したり、スキンシップを多くしたりして“仲良し夫婦”になってしまえばレスにはならないのでは? …そんな仮説を立て、「夫婦仲が良い」と感じている結婚3年以上の20~40代の既婚者100人(男女各50人)を対象に、最近のセックス頻度についてアンケート調査を実施した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■夫婦の仲が良い100人に聞く! セックス頻度は?

・毎日 2.0%
・2~3日に1回 8.0%
・週1回程度 11.0%
・2週間に1回程度 5.0%
・1カ月に1回程度 10.0%
・1カ月に1度未満 64.0%

ここでは「セックスレス」を1カ月以上にわたってセックスがないこととした。「夫婦仲が良い」と感じている人なら、その悩みは少ないと思いきや、10人のうち6人がセックスレスという驚きの結果に。夫婦仲が良くてこれだから、「夫婦仲が悪い」カップルの結果は推して知るべし。しかし「夫婦仲が良い」にもかかわらず、セックス頻度が「1カ月に1度未満」なのはなぜだろう? 該当する64人に具体的な理由を聞いた。

・「同じ職場で、なかなか離れる時間が少なく、愛おしさが増すことが少ない」(36歳・女性)
・「仕事が忙しく時間がない。しても途中で終わってしまう」(37歳・女性)
・「お互い仕事で疲れている。 休みがなかなか合わない」(35歳・男性)
・「男女の関係を超えてしまった気がします。両親、兄弟と関係を持つことがないのと一緒の感覚です」(48歳・男性)
・「大学1年年生の頃からの付き合いで、既に人生の半分以上を一緒に過ごしているので、老夫婦みたいな関係になってしまっているため。兄弟みたいになっている…」(41歳・女性)

コメントで多く見られたのは、男女問わず「仕事で疲れている」という声。仲の良い夫婦であっても、あまりにも多忙だと睡眠を優先したくなるのだろう。また、一緒にいるのが当たり前になってしまうからか、「男女の関係を超越してしまった」という声も目立った。

そんな仲良し夫婦に、今のセックス頻度をどう思っているのかを尋ねてみると…。

■今のセックス頻度についてどう思っている?

(セックス頻度が「1カ月に1度未満」と答えた64人に調査)
・問題だと思っている 43.8%
・問題だと思っていない 56.3%

と、4割強の男女が現状をなんとかしたいと考えているようだ。誰にとっても他人事ではないセックスレス問題。仲が良いのにセックスレスになってしまう原因は何だろう。

「そもそも、仲良し夫婦がセックスレスなのは珍しいことではない」と指摘するのは、恋人・夫婦仲相談所所長で作家の二松まゆみさん。

「よくある原因の1つは、男性が見た目に気を使わなくなり、“色気”がなくなるケースです。たとえば、メタボでお腹がぽっこりしたり、帰宅後に裸でゴロゴロしながらビールを飲んだりする夫を見続けると、妻は家族としては“いい人”として見ていても、異性としては見づらくなるんです」(二松さん、以下同)

予防策としては、家でもある程度は身なりに気を遣うことだとか。

「いくら気心がしれた仲でも、妻の前でおならをしない、突き出たお腹を堂々と見せて歩かないなど、最低限のことは配慮しましょう。逆に、腹筋を割っているなどの“美ボディ”を意識しているなら、見せたほうがいいかもしれません。大事なのはだらしなく見えないことです」

さらに、夫婦間のスキンシップが多すぎても、セックスレスの原因になるという。

「スキンシップが多すぎても、『セックスはしなくてもいいや』となってしまいかねません。普段からベタベタしすぎると『私たち仲いいもんね』と安心して、その先に進まなくなってしまうんです。ですので、日常のスキンシップはほどほどにしておくことが大事です」

最後に普段の会話に加えて、「髪型変えた?」や「今日のスカート、きれいだね。似合ってるよ」など、“妻のことを気にかけていること”が伝わるような言葉を発することも、男女の関係を維持するのに重要だそう。

親しき仲にも礼儀あり、とは夫婦間においても気をつけるべきことなのだろう。レスになりたくない人、レスを改善したい人は上記の方法を試みてはいかがだろうか。

(池田園子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト