“セルフプレジャー”を楽しむ夫、最多は「妻の就寝後」

場所は? タイミングは? 夫たちの「ひとりH」白書

2017.03.03 FRI

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > 世論調査

【個室ビデオ店や漫画喫茶などの外出先での個室】など、場所は自宅だけではない。妻があまり不在にしない場合は、自分が出かける…という手も?
写真:vchalup / PIXTA(ピクスタ)
オトコなら何歳になっても尽きることのないはずの「性欲」。既婚者であれば、妻とのセックスで解消すると思われがちだが、R25が以前行った調査で、「結婚後もひとりHのペースは変わらない、もしくは増えた」と答えた人は全体の67%。「自慰愛好家」は既婚者にも多いのだ。

しかし、妻と一つ屋根の下にいると、スペースや時間を確保するのは簡単ではないはず。世の既婚男性たちは、どのように対処しているのか? そこで、「妻に隠れてひとりHをすることがある」という20~30代の既婚男性118人にアンケートを行った。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈妻に隠れて自慰行為をするタイミングTOP5〉

(複数選択)
1位 妻が寝た後 56.8%
2位 妻が出勤中など、長時間出かけている時 50.0%
3位 妻が買い物中など、短時間出かけている時 28.8%
4位 休日に妻と行動を別にしている時 28.0%
5位 妻が別室にいる時 23.7%

まず、“するタイミング”を聞いたところ、半数以上の男性が選んだのは、【妻が寝た後】【妻が出勤中など、長時間出かけている時】。妻から見られない確信がある時に、落ち着いて楽しむ男性が多いようだ。さらに、どこでしているのか聞いてみると…。

〈妻に隠れて自慰行為をする場所TOP5

(複数選択)
1位 リビング 51.7%
2位 トイレ 38.1%
3位 寝室 33.1%
4位 自室や書斎など、寝室以外の個室 22.0%
5位 浴室 19.5%

意外にも、家族が最も集う【リビング】がトップ。テレビ(DVD)がリビングにある家庭が多いことも一因なのかも。では、妻にバレないための具体的な工夫についても教えてもらおう。

【一目ではバレないよう装う】
「毛布を膝にかけてする」(36歳)
「動きが無いように見せかける」(39歳)

【音に細心の注意を払う】
「音をオフにして映像だけ見ている」(37歳)
「音が漏れないようにイヤホンを使う」(38歳)

【証拠隠滅は徹底的に】
「インターネットでの検索履歴は定期的に消去するようにしている」(27歳)
「なるべく換気をする」(35歳)
「ティッシュはトイレに流す」(36歳)
「妻が風呂に入っているときに済ませて、続けて風呂に入ってすぐにきれいにする」(39歳)

【“おかず”の流出に注意を払う】
「DVDはタイトルやケースを変えて保管している」(32歳)
「動画ファイルはブックマークに分からないタイトルで保存している」(33歳)
「ファイルを別の外付けハードディスクに保管している」(34歳)
「エログッズは妻が見ない車のトランクのさらに奥に隠している」(39歳)
「妄想で済ます」(39歳)

なかには、「特になにも(妻から隠すような対策を)しないのが興奮する」(38歳)、「妻が寝ている時に気づかれないように妻を触りながらオナニーする」(29歳)といった、【あえてドキドキを楽しむ】という人もいたが、それぞれに工夫があるようだ。

ただ、夫のひとりHについて気づいている妻は多いようで、R25の過去の調査では、20~30代の既婚女性200人のうち71.0%が【(夫が自慰を)しているのを目撃したことがある】または【目撃したことはないが、たぶんしている】と回答。バレていることに気づかず、隠れて自慰をする夫は、妻の目には滑稽に映っているかも…。奥様方にはどうかそのまま目をつぶっていただきたい。
(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト