妻を手のひらで転がせている夫は10人に1人!

夫が告白「妻に主導権を握られている」4割弱

2017.03.12 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査

「何でも従っておいていざという時に核心をつく」(38歳・女性)や「とにかく愛情が大切」(34歳・女性)など、コントロール法は様々
写真:ふじよ / PIXTA(ピクスタ)
夫婦のパワーバランスは、一見しただけではわからない。それどころか、「亭主関白」のように振る舞っていても、実は奥さんの手のひらで転がされている…など、本人ですら主導権を握られていることに気付いていない場合もありそうだ。そこで、20~30代の既婚男女300人(各150人)にアンケートを行い、夫婦どちらが主導権を握っているのかを聞いてみた(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

【夫へ質問】Q.妻の行動を把握して、手のひらで転がすようにコントロールできていると思う?

・妻をコントロールできていると思う 14.0%
・妻をコントロールできていると思わない 86.0%

【妻へ質問】Q.夫に行動を把握され、手のひらで転がすようにコントロールされていると思う?

・夫にコントロールされていると思う 10.7%
・夫にコントロールされていると思わない 89.3%

まずは、夫に「妻をコントロールできていると思う?」と聞いてみると、自信を持って「コントロールできている」と答えた男性はわずか14%。妻側も、比較的近い割合の10.7%が「コントロールされている」と自覚していた。妻を手のひらで転がしている夫の割合は、10人に1人程度と考えてよさそうだ。

なお、「妻のコントロール法」については、「うまくおだてる」(28歳)、「記念日はちゃんとする」(35歳)、「こっちが転がされている振りをする」(38歳)といったテクニックが寄せられた。基本的には妻をいい気分にさせることからスタートする夫が多いようだ。

【妻へ質問】Q.夫の行動を把握して、手のひらで転がすようにコントロールできていると思う?

・夫をコントロールできていると思う 23.3%
・夫をコントロールできていると思わない 76.7%

【夫へ質問】Q.妻に行動を把握され、手のひらで転がすようにコントロールされていると思う?

・妻にコントロールされていると思う 37.3%
・妻にコントロールされていると思わない 62.7%

「夫をコントロールできている妻」は2割強と、「妻をコントロールできている夫」よりも多い。ただ、注目したいのは「手のひらで転がされている」と自覚している夫の割合が4割弱と、妻が思う割合よりも多いこと。夫が“勝手に”コントロールされていると感じているケースは意外に多いのかも。

そんな妻たちの「夫のコントロール法」は、夫に比べるとバラエティ豊か。妻たちのコメントを紹介しよう。

【夫の喜ぶツボを押さえる】
「頼りにすること」(32歳)
「話をよく聞いてあげる」(34歳)
「相手の喜ぶ事を知っておく」(38歳)

【ひたすらおだてて、その気にさせる】
「9褒めて、1叱る」(23歳)
「お願いする時はとにかく下手に、やってもらったら大げさなくらい褒める!してもらった後は『ありがとう!!お疲れさま!やっぱりあなたにやってもらった方が綺麗だね!!助かった!!』と大げさなくらいに褒めるととても機嫌が良さそうです」(28歳)
「色々やらせて、出来ることを増やす。感謝する。やらないと機嫌を悪くする」(37歳)
「願い事も甘えた感じでお願いする。 結局言葉と態度でなんでもしてくれる」(37歳)

【子どもをだしにする】
「子供の面倒(を見てもらいたいときは)『◯◯ちゃんはパパがいいって~』と子供をつかう」(29歳)
「子供が一緒にいる場合、子供よりも夫を優先する」(36歳)
「子供のお世話の大変さを知ってもらう」(37歳)

【とことん手綱を締める】
「気になることがあればカマをかけてみる。相手の目が泳いだり、しどろもどろになったりしたら追及する。スマホやパソコンの履歴チェックもかかせない」(24歳)
「なんでもできると思わせないこと」(39歳)
「お小遣いを制限してる」(31歳)
「弱みを握る」(36歳)

夫の「妻のコントロール法」と同様、いい気分にさせて手のひらで転がすものが多かったが、なかには脅迫に近いテクニックも。下手をすると、家庭内不和が起こりそうだが…。

とはいえ、最も割合が多かったのは“手のひらで転がしも転がされもしていない”という夫婦。対等なパワーバランスであれば、それに越したことはない。もっとも、対等と思っているのは自分の方だけ、なんてこともあるかもしれないが…。

(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト