恋愛に効く! 男女の心理大辞典 326回

【心理学】SNSは恋心を増幅させることが判明

2017.03.27 MON

データ&心理学で! 恋愛カガク研究所 > 恋愛に効く! 男女の心理大辞典

好きな異性のSNSは、やっぱりチェックしてみたくなるもの。こうした行為には、不安を取り除き、恋心を高める効果があるのだ
写真提供:chombosan / PIXTA(ピクスタ)
今の時代、気になる異性に出会った時、まずはSNSで検索してみるのは、もはや常套手段だろう。一体どんな人なのか、簡単なプロフィールや人となりを知るために、SNSは実に便利なツールだ。

でも、こっそり相手のアカウントを探して覗き見る行為には、ちょっとした背徳感がつきまとうのもまた事実。度を越すと、なんだかストーカーじみてしまう気もする。やはり、ほどほどにしておいた方がいいだろうか…。

「そんなことはないですよ。実際に付け回すようなことをしない限り、相手のことを知りたいと思うのは、健全な恋心でしょう。それに、男女が関係を形成する上で、SNSは効果的であることを実証した心理学的な実験もありますからね」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生である。これは気になる情報だ。

「これは米オハイオ州立大学の心理学者ジェシー・フォックス氏が突き止めたものです。フォックス氏は、今の恋人と付き合い始めた時期にFacebookを使っていた男女55名を集め、その使い方と関係の進展度合いを調査しました。そして得られた結果を分析したところ、互いの関係の形成段階に、Facebookが非常にポジティブな効果をもたらしていることがわかったのです。これはなぜなら、相手のアカウントをチェックすることで、どんな人物なのかという情報を得て、不確実性を減らすことができたからです」

気になる相手だからこそ、本当はどんな人間なのかわからないのは不安材料になる。それが少しでも解消されると、人は相手に対する想いを安心して高められるというわけだ。

「心理学の世界には、『熟知性の魅力効果』という言葉があります。たとえば、好きなアイドルについていろいろ検索していくうちに、どんどんそのアイドルへの気持ちが高まっていくのと同様で、相手のことをフェイスブックで調べる行為が、“好き”という感情を増幅させるわけですね」

こっそり調べることには一抹のやましさがあるが、その行為自体が相手を想う恋心を加速させてくれるのだ。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト