ネット界の“旬”なニュースをお届け!

沈没したシー・シェパードの船「アディ・ギル号」、「バットマンの兵器みたい」

2010.01.12 TUE

噂のネット事件簿


「バットマンはどこにいるんだ!?」との声も多数みられたアディ・ギル号。この事故で航行不能に ※この画像はスクリーンショットです
1月6日、南極海で米国の反捕鯨団体シー・シェパードの最新超高速抗議船アディ・ギル号と日本の調査捕鯨船が衝突した。シー・シェパードは、日本の調査捕鯨船に対して船ごと体当たりをしたり、酪酸の入ったビンを投げつけるなどの武力を行使した抗議活動で知られている。

各種装備を満載した、最新型妨害専用船アディ・ギル号。バイオディーゼル燃料を使用しハイテク化されているこの船は、レーダーを避けることができ、捕鯨船に気づかれずに近づくことができるということだったが、あえなく沈没した。

国内コメントでは、

「できそこないのバットマンの兵器みたいだな」
「超軽量の高速艇で進路妨害とか馬鹿じゃねえの?」

というアディ・ギル号に呆れるものが多い中、

「youtubeでも日本人の粗悪なコメントが多く  理知に富んだ他国のコメントの差を見る度に愕然とさせられる  大人と子供の喧嘩を見てるようだ
もう少しこの問題を相手側の立場や客観的な視野からいないとダメだろう」(※原文のまま掲載)

という冷静な声も。海外第三者の意見では、

「いったいどこからこんな面白いおもちゃを持ってくるんだ?」
「日本は正しい防衛だったと思うよ。」
「ああ…これが鯨のいる海での出来事とは…」

と、捕鯨そのものに対する賛否はともかくとして、アディ・ギル号とその行為に対しては良くないと考え、ショックを受けている意見が多いようだ。
また、シー・シェパードによると、人気ゲーム番組の司会者として活躍したボブ・バーカーさんによる総額500万ドル(約4億6000万円)の献金で、新たな高速船を導入したと発表している。燃料補給なしで3カ月間の活動が可能だという。抗議船に随伴するヘリコプターも購入したとのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト