東京以外にも波紋が広がる

2次元性描写規制に異論反論が殺到のワケ

2010.04.15 THU



写真提供/時事通信社
ご存じの方も多いかと思うが、東京都青少年健全育成条例の改正案を巡って、激しい議論が行われている。とくに話題なのは、非実在青少年に関する問題だ。非実在青少年とは何か。要は18歳未満に見えるマンガなどのキャラクターのことだが、改正案がこのまま通れば、実在しないキャラでも、性交または性交類似行為の肯定的な表現は自主規制の対象となり、さらに不健全図書として青少年に対して販売が制限される可能性がある。

まず問題視されたのは、改正案を読む限り、見た目が18歳未満なら規制の対象になると読み取れること。また、性交類似行為とは何を指すのかということだ。つまりキスや裸など性を匂わす描写すらダメなのか。

「作品の設定として、年齢や学年、制服などの表示から客観的に18歳未満として描写されているキャラクターに限定するための規定であり、単に見た目が幼いといった主観的な理由では規制の対象にはなりません。また、性交類似行為とは、手淫、口淫などの実質的に性交と同一視される行為で、性交を示唆する表現や単なるパンチラや裸は該当しません」(東京都青少年課)

単なる裸もNGならコンテンツ産業は大打撃。ひとまず安心…と簡単に言える条例でもないらしい。マンガ評論も手掛ける明治大学准教授の藤本由香里さんはこう語る。

「表現の自由にかかわる法律は、民主主義の根幹に抵触するので厳密に定められなくてはいけないと思います。改正案は規制の範囲があいまいすぎる。しかもそれを“自主規制”にして、それらを青少年に見せない努力義務を全都民が負うことになっている。報道などで『幼児ポルノ』だけが規制対象なのだと誤解させる表現をよく見ますが、条文はあくまで『18歳未満』を『性的対象として肯定的に描写すること』です。つまり青少年の性描写はすべて“悪書”として都民によって排除される可能性があります」

各方面の懸念の声を背景に、改正案は継続審議となった。次回、6月以降の都議会での成り行きに注目したい。
(新型 光)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト