ブランド牛、有名シェフコラボ…肉系がアツい!

駅弁 売れ筋ランキングベスト5

2012.12.20 THU


1位 牛肉どまん中(1100円) 米沢駅の名物駅弁。山形のブランド米「どまんなか」の上に、特製だれで味付けをした牛そぼろと牛肉煮をのせた牛丼風の駅弁 売上ベスト3(「駅弁屋 祭」調べ)
年末、帰省や旅行で電車を利用する人も多いはず。それなら、駅弁で旅情に浸ってみてはいかがだろう? ターミナル駅の売店は駅弁を物色する人でごった返す。特に今夏、東京駅にオープンした「駅弁屋 祭」は人気だ。

「2010年に東北新幹線が、2011年に九州新幹線が延伸したこともあり、特に新幹線の駅では駅弁の種類が増えていますね」

こう話すのは、駅弁女王こと小林しのぶさん。近年の傾向を示すキーワードは「高級」「おいしい」「ヘルシー」だそうで、なかでも最近は“肉系”が流行っているんだとか。

「松阪牛や比内地鶏といったブランド肉を使ったり、有名シェフとコラボしたりと、肉系の駅弁はバリエーションが広がっています」

実際、各地の名物駅弁が約170種類も並ぶ「駅弁屋 祭」では売れ筋ベスト5のうち、4点が肉系! ランキングをご紹介しましょう。

第5位は「黒毛和牛すきやき牛肉重」(1050円)。強火であぶってから、たまり醤油で甘辛く煮込んだ黒毛和牛がごはんの上にぎっしり。玉ねぎのしんなり具合もたまりません。

続いて第4位は「米沢牛炭火焼特上カルビ弁当」(1500円)。ごはんの上に、米沢牛の特上カルビ肉がしとやかに寝そべっています。ナムルと煮玉子をからめて、ビビンバ風に食すもよし。

海鮮系で唯一ランクインしたのは、第3位の「みやぎ黄金海道」(1000円)。イクラ、ホタテ、カニ、ウニ、つぶ貝など、ごはんの上は、まさに三陸の海!

第2位は「極撰 炭火焼き牛たん弁当」(1300円)。麦めしの上に、特製塩だれで漬けた仙台名物・牛タンの炭火焼きをオン。温めておいしい加熱式です。

第1位は「牛肉どまん中」(11 00円)。山形県産米「どまんなか」の上に、特製だれで味付けしたスライス牛と牛そぼろがどーん! 6種類のプチおかずつきです。

東京駅以外にも、全国各地で数多く存在する名物駅弁。ぜひご賞味あれ!
(有馬ゆえ+ノオト)


  • 2位 極撰 炭火焼き牛たん弁当(1300円)

    仙台駅を代表する牛タン弁当。麦めしの上には、特製塩だれで漬けた牛タンの炭火焼き。ヒモを引くと温まる加熱式容器を使用
    売上ベスト3(「駅弁屋 祭」調べ)
  • 3位 みやぎ黄金海道(1000円)

    仙台駅で販売する海鮮系駅弁。イクラ、ホタテ、カニ、ウニ、つぶ貝、サケなど、三陸の海でとれた海の幸をふんだんに味わえる
    売上ベスト3(「駅弁屋 祭」調べ)
  • 高級駅弁 極附弁当 (3800円)

    東京駅の究極の駅弁。宮城県産の極献上ひとめぼれ、茨城産地尤卵の玉子焼き、霧島豚の味噌漬けなど、全国の美味が詰まっている
  • ヘルシー駅弁 30品目バランス弁当 (850円)

    東京でしか買えない駅弁。魚・肉・野菜・海藻・豆・ごまなど30品目の食材をバランスよく使用したヘルシー志向の駅弁

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト