コピーライターになる旅、建築家になる旅…

日帰り1万円~ お試し転職ツアー

2013.03.21 THU


一級建築士・とりやまあきこさんの指導のもと、黙々と模型を製作する男性体験者。完成した模型はお土産にお持ち帰り 撮影/岡崎隆夫
今の仕事は自分に向いているのか? 誰しも一度は陥るこの悩み。そんな迷いを感じたら「職業体験型ツアー“仕事旅行”」に出掛けてみると面白いかもしれない。

「仕事旅行」とは、コピーライター、バーテンダーなど様々な職業体験ができるサービス。期間は1~2日、ツアー料金は1万円程度~とリーズナブル。下は小学生から上は60代まで、幅広い層に人気だとか。

「特に多いのは、20代半ば~30代前半。ちょうど転職を考えるような年代の方ですね。男性の場合は“カフェオーナー”など、次の仕事に直結するようなリアリティのある職業を選ぶ傾向が強い。なかには、旅行先にそのまま転職する人もいますよ」(仕事旅行社・田中翼さん)

体験できる仕事は、宮大工やバイヤーなど、なじみの薄いユニークな職業も含め、実に60種類以上。

「世の中にはたくさんの魅力的な仕事があります。だからこそ、たとえニッチな職業でも面白いと思えば積極的に掲載しています」(同)

体験を通じて、自分のやりたいことが明確になったという人も多いそう。本当に転職するかどうかはともかく、未知の仕事に触れる貴重なチャンスといえるだろう。

実際どんな内容を体験できるのか? そこで今回、筆者は設計事務所あとりえで「建築家になる旅」を体験取材してみた。自分で描いた間取り図をもとに、部屋の模型製作に挑戦。指導を受けながらステレンボードをカットするも、試行錯誤の連続。意外と地味な作業も多いことが実感できた。「休日でも常に建築のことを考えてしまい、オン・オフの切り替えが大変」など、仕事の苦労も聞けて、遠い存在だった建築業界がぐんと身近なものに。異業種からの転職可能性について尋ねると、「経験、勉強は必要ですが、資格は必須ではありません」とのご回答。

新しい自分に出会いたい、そんなアナタ。お試し転職で違う世界をのぞいてみるのもアリかも?
(齋藤玲奈/清談社)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト