で、アベノミクスの成長戦略で何が変わる? 何ができる?

「自分らしい働き方」選びにチャンス到来!

2014.10.27 MON

で、アベノミクスの成長戦略で何が変わる? 何ができる?


転職へのいろんな不安も、今「成長戦略」が解消すべく奮闘中! さあ、チャンスがやってくるぞーー。 イラスト/今井ヨージ

「成長戦略」でボクらの転職や働き方が大きく変わる…かも!?



「成長戦略」の解説ブック『やわらか成長戦略。』。そこに、どんなことが書かれているかというと…
「労働者の中長期的なキャリア形成を支援するため、教育訓練の一部経費を補助する『教育訓練給付』を拡充」(『やわらか成長戦略。』P.18より引用)とあり、ボクらが円滑にキャリアアップや転職ができるような仕組みを整備しているよう。これは、転職活動をしている時等に、指定された教育訓練講座を受講し修了すると、自分が支払った受講費用の一部が返ってくるというもの。

この制度を利用すれば、転職に一歩踏み出せなかった人でも、スキルアップして、自分に適した仕事に出会えるチャンスが増えるはず! ほかにも、転職時に無職期間をなくせるようなサポート体制の構築を目指すなど、転職の不安を払拭する動きは盛りだくさん。

また、転職に関する改革はもちろん、仕事する環境にも変化をもたらしてくれそうだ。

例えば、結婚して共働きで子育てをする夫婦にとって、保育所不足は最重要課題。そこで政府は「保育所・保育士を増やし、2014年度末までに約20万人分、2017年度末までに約40万人分の受け皿を整え、待機児童ゼロを目指す」としているほか、「育休期間中の給付金を増額」(ともに、同P.15より引用)を宣言していたりと、今まさに改革が進行中なのだ。

さらには「従業員の子育てと仕事の両立や女性従業員の活躍を支援する企業へのインセンティブを講じる」(同P.15より引用)とあり、子育てに安心な環境作りが行われているから、女性も男性も、家庭や子供があったとしても、仕事に思いきり力を注ぎ込める! そうして、自分らしい働き方が選べる時代になっていくことが期待できる。

「適材適所」という言葉があるように、転職やキャリアアップで自分の力を発揮できる場を選ぶことは仕事をするうえでとても重要。そんな自分にピッタリなステージを選べるチャンスがやって来ているのだ。僕らの働き方を大きく変えてくれるかもしれない「成長戦略」に関する情報は、まず政府広報オンラインをチェック! 解説ブック『やわらか成長戦略。』や、具体的な政策へもここからリンクしているぞ。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト