東京オリンピックまであと4年! 日本のPRポイントは?

日本が世界に誇れること2位は「交通機関が時間に正確」

2016.05.05 THU

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


2020年までたったの4年。良いところは伸ばしすつ、悪いところは直しておきたいもの。 画像:ABC/PIXTA
ついに開催が4年後までに迫った「東京オリンピック」。これまで以上に世界の目が日本に向けられ、当然ながら海外からのお客さんも増えるわけです。そうした方々に「日本の良いところ」を聞かれたら、どう答えるべきなのでしょうか?

そこで20代の社会人男性200人を対象に「世界に誇れる日本の良いところ」についてアンケートを実施。オリンピックホスト国として、その魅力を改めて確認してみました。

■世界に誇れる“日本の良いところ”TOP10


(全13項目より3位まで回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計。R25調べ、協力/アイリサーチ)

1位 治安が良いところ 345pt
2位 交通機関が時間に正確なところ 242pt
3位 清潔な環境 151pt
4位 生水を飲めるところ 93pt
5位 商品の品質が良いところ 81pt
6位 繊細で多様な食文化があるところ 60pt
7位 温泉や入浴の文化があるところ 58pt
8位 多様なサブカルチャーがあるところ 47pt
9位 コンビニが普及しているところ 41pt
10位 自販機が普及しているところ 31pt

番外
11位 多様なファッションがあるところ 22pt
12位 温水洗浄便座が普及しているところ 10pt
13位 スリムな女性が多いところ 9pt

食べ物、観光など渡航先には気になる点がたくさんありますが、なにより大事なのは身の安全。先進国中でも犯罪発生率が低いとされる日本の「治安の良さ」は大いに誇れるポイントです。では、それぞれを選択した理由も見ていきましょう。

●1位 治安が良いところ
「滅多なことがない限り、町中で襲われない。そうそうものを盗られない」(21歳)
「夜出歩いて危険を感じたことがない」(26歳)
「夜に女性が一人で歩けない国があることを聞いたときに日本は平和だと実感した」(27歳)
「子供でも安心して外出できる」(25歳)
「銃など、危険な物が出回っていない」(29歳)

●2位 交通機関が時間に正確なところ
「時間が正確なことが一番! 時は金なりを実践している」(28歳)
「外国ではかなり適当と聞いたことがあるから」(28歳)
「どの公共交通機関も大体時間通りに運行している事実はあるから」(28歳)
「時間ぴったりにくるので、予定をたてやすい気がします」(26歳)

●3位 清潔な環境
「掃除が行き届いていて安心して使える」(25歳)
「外国に行ってみると特に感じる」(25歳)
「土足で家に入らない」(25歳)
「お店や街中でゴミをあまり見かけないから」(29歳)

●4位 生水を飲めるところ
「水道の水が飲めない国からしたらすごいことだと思う」(22歳)
「ほかの国では飲めないと聞き、日本のすごさを知った」(24歳)
「人間生きていくのに最も重要な水が容易に飲めるのは大きい」(29歳)

●5位 商品の品質が良いところ
「家電製品等、壊れにくい」(26歳)
「商品の品質も然り、クレーム対応がすばらしい」(27歳)
「他国の製品はなにかしら悪いところが目立つから」(29歳)

●6位 繊細で多様な食文化があるところ
「和食など、食に芸術性があること」(29歳)
「日本にいればどこの国のも美味しい料理が楽しめるし、日本料理は神!」(25歳)

●7位 温泉や入浴の文化があるところ
「たくさんの温泉があり観光地として栄えている」(27歳)
「海外旅行にいくと、シャワーしかなかったりするので、お風呂に入れると嬉しかったりします」(26歳)

●8位 多様なサブカルチャーがあるところ
「アニメ、漫画はじめそこから派生した声優カルチャー、コスプレカルチャーなど幅広い文化が日本でうみだされているから」(27歳)

●9位 コンビニが普及しているところ
「いざと言う時に必要な施設だから」(24歳)

●10位 自販機が普及しているところ
「高性能でいろんな仕組みがある」(27歳)

日々あたりまえのものとして享受しているこれらの「日本の良いところ」。ただ、五輪メイン会場のデザイン問題、エンブレム問題…など、これまで「日本のしょーもないところ」を見せつけるトラブルが相次ぎましたからね。我々は決しておごることなく、オリンピックのお客さんに日本の良さを見せつけられるような行動をとりたいものです。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト