「えっ? 愛知が1位じゃないの?」の声続々

都道府県別交通マナー調査 ワースト県はどこ?

2016.07.15 FRI

噂のネット事件簿


悲劇を招かぬために、くれぐれも交通法規を守って運転を
JAF(日本自動車連盟)が、交通マナーに関するアンケートを実施。「自分の県の交通マナーが悪い」と評価する人が最も多い県は、香川県であることが判明するなど、興味深い結果が話題を呼んでいる。

この調査は、JAFが6月に全国の自動車ユーザー6万6477人を対象に行ったものだ。質問は一時停止、ウインカー、信号、クラクションなど、運転に関する様々なシチュエーションに及ぶ。回答結果は都道府県別に発表されており、都道府県ごとの交通マナーに対する認識を読み取ることができる。

調査結果を見ると、都道府県によって運転に特徴があることがよく分かる。たとえば、「方向指示器(ウインカー)を出さずに車線変更や右左折をする車が多い」という質問に対し、「とても思う」と答えた人の割合が最も高かったのは岡山(53.2%)で、これは最低の東京(21.1%)のおよそ2.5倍。このほか、

「前方の信号機が『青』に変わる前に発車する車が多い」→1位 香川(18.1%)/最下位 山形(4.8%)
「不要なクラクションを鳴らす車が多い」→1位 京都(9.8%)/最下位 島根(2.1%)
「無理な割り込みをする車が多い」→1位 徳島(27.9%)/最下位 島根(6.5%)
※数値は「とても思う」と答えた人の割合

など、数値には大きな差が見られる。

そして話題となっているのは、「あなたのお住まいの都道府県の全般的な交通マナーについて、どう思いますか?」という質問だ。ほとんどの県で、半数前後の人が「普通」と回答するなか、自分の県に交通マナーに厳しい評価を下したのが、香川・徳島・茨城の3県。とりわけ香川は「悪いと思う」が53.0%、「とても悪いと思う」が27.0%にも上り、実に80%の人が「香川の運転マナーが悪い」と回答している。

この結果について、ツイッターには、

「香川行った事あるけど、特別悪くは感じなかったけどなぁ…寧ろ大阪の方が印象的だし(笑)」
「オイオイ!沖縄に比べたら、茨城は優良ドライバーだらけだぞ」
「香川、わかるわぁ。うわー!何だこの車!って思う運転はだいたい香川ナンバー」

といった声があがっているほか、

「埼玉が新潟より低いって嘘だろ…どう見ても埼玉の方が交通マナー最悪なんだが…」
「東京から千葉に移ったとき、交通マナー恐いなと思いましたが、この調査では千葉はちょうど真ん中あたりですね」

と自身の経験に照らして読む人もおり、納得がいく人、いかない人それぞれで、都道府県ごとの交通マナー議論は盛り上がっている。そして、やり玉にあげられたのは愛知だ。香川がワーストという結果に対し、

「何で愛知が1番じゃねーんだよ!」
「愛知なのかと思ってたw愛知の方々ごめんなさい」
「愛知の人らは、自分の交通マナーが悪いとかけらも自覚しとらんでよ」

など、クレームが続出。たしかに愛知は、2003年から13年連続で交通事故死者ワーストを続けており、また「右折待ちの車を後続の右折車が追い越す」「車線をまたいで蛇行する」など、道路交通法を無視した“名古屋走り”という悪評高いローカルルールが存在することも、ドライバーには知られている。自分が住む都府県のマナーについて、驚きをもって迎えた人も多い結果だったようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト